韓国で大人気?坂口健太郎の韓国での人気度がわかる5つのこと!

坂口健太郎とは

ドラマ「コウノドリ」や映画「ヒロイン失格」に出演した坂口健太郎さんという俳優さんについてご存知だろうか?

産婦人科が舞台となったドラマに登場して、このイケメンは誰だと多くの女性の間で一気に話題になった。

月9ドラマにも出演したが、演技が上手でこのイケメンは誰だと関心を集め、多くの女性ファンからお茶の間まで、あっという間に有名になったのだ。

坂口健太郎さんは俳優だけでなくモデルとしても活躍しており、「MEN’S NON-NO」の単独表紙を飾っている。

最近では、塩顔イケメンが多くの女性雑誌でも話題となっており、幅広い分野で活躍する坂口健太郎さんにファンが増えている。

坂口健太郎さんは、薄く整った顔立ちが人気で、塩顔イケメン代表格として話題になっている。

そんな坂口健太郎さんだが、お隣の国である韓国でもファンが増えているようで、活躍は日本国内だけではないようである。

とはいえ、坂口健太郎さんが韓国で大人気なんてあまりピンとこないが、その情報って本当なのであろうか?

韓国にもたくさんのイケメンがいるのに坂口健太郎さんが注目されているとしたら、何か特別な理由があるのだろうか?

もしかして坂口健太郎さんって在日韓国人なのかとか、家族に韓国との関係があるのではないかなど色々な憶測が飛び交うようになっている。

今回は、韓国でも大人気だと言われる坂口健太郎さんの韓国での人気度が分かる5つのことを、ランキング形式で紹介したいと思う。

5位:坂口健太郎と検索すると韓国というキーワードが浮上

坂口健太郎さんについて調べようと思ってネット上で検索すると、なぜか「坂口健太郎 韓国」というキーワードが必ず出てくる。

坂口健太郎さんって韓国人だったのか、もしかして在日韓国人なのか、お父さんお母さんが韓国人のハーフだったのかなどなど、あらゆる憶測が飛び交うようになっているのだ。

そういえば、韓国人みたいに見えないこともないし、韓国スターのような雰囲気や顔立ちに見えないこともない。

では、実際のところはどうなのだろうか?

坂口健太郎さんと韓国との間には、どんな関係があるのでしょうか?

調べてみると、坂口健太郎さんが韓国でも大人気になっているとの情報だった。

でも韓国と言えばイケメンが沢山いるし、ブレイクしたばかりの坂口健太郎さんが注目される理由が良くわからないが、どうして大人気になっているのだろうか?

彼が話題となっている一つの理由は、彼のルックスになると思うが、それだけではなく彼が出演したドラマでの演技にもあるようである。

坂口健太郎さんは「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」でスクリーンデビューをしたが、2015年24時間テレビスペシャルドラマ「母さん、俺は大丈夫」でも出演して、全国的に有名になった。

その後は、連続ドラマ「コウノドリ」で出演を果たし、俳優としてモデルとして引っ張りだことなるほどの注目人物になってきたのだ。

そんな活動の場を広げる坂口健太郎さんだから、韓国で大人気になっても全く不思議ではないのである。

4位:坂口健太郎が在日韓国人って本当なの?

坂口健太郎さんで検索すると韓国というキーワードが浮上するため、彼は韓国人なのかとか、在日韓国人なのではないかという憶測がファンの間で飛び交っている。

では、坂口健太郎さんの家族は韓国と何か関係があるのか、彼が在日韓国人だという噂は本当なのかなど、ファンにとっては本当に気になる噂である。

そこで、彼の家族のことや国籍についても気になるところである。

もちろん彼の戸籍や家系図まで調査はできないが、ある程度のことは調べられるはずである。

坂口健太郎さんの家族について調べてみたところ、お父さんもお母さんも日本人で、彼は生粋の日本人のようである。

過去に韓国に住んでいた経験もなく、親族が韓国と関係があるわけでもなく完全に日本人なのだそうである。

だから、彼が韓国人のハーフであるとか、在日韓国人であるという憶測はただの噂のようである。

つまり、坂口健太郎さんと韓国との接点は、本当に韓国で人気があるということなのだ。

坂口健太郎さんのお母さんは、若い頃に小さな劇団に入っていたらしく、読書が好きなのだそうだ。

そのためお母さんは「この本の○○が健ちゃんに似てる」とよく言っていたらしく、その影響で本を読むのが自然と好きになり、主人公の姿を自分に投影するようになったそうである。

そんなお母さんの影響もあって、徐々に芸能界や演技に興味を持ち始めたらしいのだ。

つまり、坂口健太郎さんの家族は韓国人ではなく、純粋の日本人であることに間違いないようだ。