女子バレーボール木村沙織の熱愛彼氏と噂になった男性3人!

木村沙織とは

木村沙織は日本女子バレーの主将を務めた東レアローズ所属のプロバレー選手。「さおりん」という愛称で親しまれたが、残念ながらこのほど引退を表明したばかりである。

日本女子バレーの人気は木村沙織の愛されるキャラクターによるものが大きかったため、今後バレー人気は低下するのではないかと危惧する声もある。

しかし、本人は結婚が決まり鎌倉でカフェを開くという将来の夢もあり、幸せを満喫しているようだ。今までのバレー漬けの日々から一転して、ごく普通の女性らしい日常を楽しむ姿はファンとしてうれしい限りである。インスタグラムではプリーツスカートを履いただけで、学生時代以来だ!とはしゃぐさおりん、どれだけ大変だったのだろう…と感慨深い。

しかし、ハードな現役時代にも木村沙織には何度か熱愛彼氏の噂があった。今回はその元カレたちを紹介しよう。

3位:同じバレーボール選手で元彼のゴツイ彼氏石島雄介

堺ブレイザーズの石島雄介が木村沙織の熱愛彼氏として報道されたのは2008年頃なので、かなり昔の話になる。当時はお互いの両親も公認で、堂々と手をつないでデートする姿もファンによく目撃されていた。

おそらく結婚するのだろうと世間が思っていた矢先、石島雄介の母親が「報道が原因で息子がフラれたみたい」と気軽に暴露してしまい、一気に破局が明らかとなる。つくづく母親というのは罪のない正直さで残酷なことをするものである。

石島雄介はゴツイのでゴッツという愛称で呼ばれているが、性格的にも決して丸くはなく、当時は試合中に不機嫌をあらわにすることもあった。どこまでもチームの雰囲気を大切にする木村沙織とは、どこか相容れなかったのかもしれない。

2位:元彼の米山裕太とドライブデート

2012年8月、木村沙織と米山裕太のデートが週刊誌フライデーにスクープされた。米山裕太は木村沙織と同じ東レアローズの男子バレー部主将であった。

身長は木村沙織と同じく185cmと男子では決して高くないのだが、地味で堅実なプレイがウィングスパイカーである。

ただ、身長が高くないというのは、あくまでもバレー選手としてはの話だ。この2人が一般人に混ざれば、どうしたって目立つのは事実である。

木村沙織の愛車ビートルで楽しんだドライブデートの内容は、東京タワーを訪れて焼き肉屋で締めるという典型的なデートコース。フライデーの記者もさぞや追跡しやすかったことだろう。

人望のある2人の結婚は誰もが望むところだったが実現しなかった。