性格いい?悪い?佐々木希の性格がわかるエピソード6選!

佐々木希とは

2005年にショップ店員として働いていたところから雑誌に掲載され、そこからぐんと知名度と人気を伸ばしていっている佐々木希。

世界で最も美しい顔に2010年から立て続けに5年ランクインしたことでも知られている。

ドラマや映画にも立て続けに出演し、数多くのCMにも出演。

さらには様々な企業のイメージキャラクターとしても、看板を背負っている大人気女優でありタレントでもある。

まさに秋田の奇跡、いや、日本の奇跡とも呼ばれるほどの美貌の持ち主である佐々木希は、一体どんな性格なのだろうか。

美人がゆえに性格が悪いのでは?いや、顔と同様心も美しいに違いないと意見は分かれているが実際の性格は良いのだろうか。

今回は佐々木希の性格が現れているエピソードを6つ紹介したいと思う。

【こちらも読まれています】

6位:佐々木希は昔は性格が悪いヤンキーだった?

佐々木希についてよく噂されているのが、「昔はヤンキーだった」ということだ。

芸能界にデビューする前は地元秋田で有名なヤンキーっぷりで、中学2年生なのにも関わらず髪を金に染め、カラーコンタクトをつけていたり、気に入らない生徒がいればトイレに呼び出していたりとまるで漫画に出てくるヤンキー生徒のようだったらしいと言われている。

真意は定かではないが仮にそれが本当だとしたら、ここまで荒れるきっかけというものがあるはずだ。

調べてみると、父親が亡くなったのがきっかけで荒れてしまった時期があるのでは?という噂もあった。

正確なニュースソースは今のところはないが、ヤンキーであったということはファンの間では有名らしく、それも含めて佐々木希が好きだという人が多いらしい。

むしろ「佐々木希は元ヤンというところがいい」という声もあり、佐々木希はファンから過去もひっくるめて愛されているまれな女優である。

5位:性格の悪さは接客中にも?佐々木希のショップ店員時代

芸能界に入る前はショップ店員だったということも有名な佐々木希だが、そこでの接客態度がすごかったと話題になっていた。

ショップ店員というのは客に親しまれやすいように、あえてフランクな態度で接客するというのが多いらしいが、佐々木希はフランクという域を超えて、気に入らない客には無愛想に接していたということらしい。

入店、退店時の挨拶をしないどころか客を横目に陰口を言ったり睨みつけたりといった噂がある。

佐々木希は美人なだけに迫力があっただろう。

女性にとっては魅力的には感じられないだろうが、厳しい美人が好きな男性からはきっと好評だった筈だ。

これも正確なニュースソースはなくあくまで噂であるが、例えばドラマや映画などでそういう役を演じる佐々木希もぜひ見てみたい。

少々態度がきつい美人店員というのはファンからすればたまらない役柄だろう。

彼女は清楚系美人という役柄が多いので、怖い女性の役は斬新だし、新しい役開拓として挑戦してみてほしいと思う。