性格いい?悪い?佐藤健の性格や人柄がわかるエピソード8選!

4位:佐藤健は俳優としての意識が高い

2008年、TBSで放送されていた、同名の人気漫画を豪華キャストで実写ドラマ化の『ROOKIES』。放送当時、佐藤健はまだ19歳と若く、プロデューサーから「演技の勉強をした方がいい」と言われてしまったらしい。

それが悔しかったのか、そこから様々な役どころに自ら挑戦し、演技を磨いていったのだという。

今では様々な映画やドラマで主役を演じ、その度に佐藤健の素晴らしい演技は絶賛されている。

19歳の時にプロデューサーに言われた言葉が、佐藤健を奮起させる材料になったのは間違いない。

目力を活かした狂気とも言える役を演じている時の佐藤健の迫力は凄まじく、ファンや視聴者を驚かせた。

アクションシーンがある現場では「ケガをして当たり前」という気持ちで臨んでいるらしい。

芸能人にとってケガはあまりいいものではないが、そういうプライドを捨てて真剣に現場に臨んでいる佐藤健のプロ意識はそうそう真似できない。

性格が悪いという噂は、そんな佐藤健を妬んで誰かが流しているのではないだろうか。