知ってビックリ!あなたの理解を超える世界の謎7不思議

世界7不思議

科学技術が発展した現代でも、解決できない不思議というものが世界には存在するのだ。

そんな、世界に存在する不思議について7つ紹介してみようと思う。

人間の力を超えたような建造物から、いまだになぜそのようなものが作られたのか謎なものまで存在する。

この謎がいつか解明される日が来るのだろうかというわくわくとともに、記事を読んでもらえればと思うのだ。

オーパーツとは

世界の不思議を語るうえで、オーパーツと呼ばれる存在は無視出来ない。

オーパーツとは、考古学においてその成り立ちや製造方法が不明なもののことを指すのだ。

当時の文明では、製造が不可能と考えられるようなものばかりで、中には現代の技術を持ってしても複製が困難なものも多い。

オーパーツの謎や、オーパーツのうわさとは

そもそも、オーパーツはなぜ存在しているのかという疑問にぶち当たるのだ。

また、どのようにしてそれを製造するかを解明する文献も存在しないものが多く、一度文明が消滅したことを唱える人間も多い。

時には、その製造方法が不明なことから、地球以外のところから伝わった技術であると考えたり、地球外生命体がもたらしたものと考える学者も多い。

それだけ、オーパーツには謎がうわさが多くつきまとっているというわけだ。

7位:ヒンドゥー教の伝説の空飛ぶ宮殿ヴィマナ

オーパーツには実際に存在したか不明なものも多く存在するのだ。

そのひとつに、『ヴィマナ』と呼ばれるヒンドゥー教やサンスクリットの叙事詩中に出て来る空飛ぶ宮殿がある。

あくまでその記述が存在するだけで、実際にそれが存在したような痕跡は発見されていない。

ある説ではいわゆるUFOみたいな存在を当時の人間が書き記した結果なのではという意見も存在するのだ。

このヴィマナがオーパーツの中に入っている理由の一つに、ヴィマナの設計図と思わしきものが存在するそうだ。

これには、反重力に関わる秘密が記載されているとも言われているが、正式に公開はされていない。

また、アフガニスタン侵攻の際に米軍の兵士がヴィマナに関わるものを発見したとされているが、その詳細も明らかにされていない。

まことしやかに囁かれている噂に、ヴィマナを洞窟から取り出そうとした8名の米軍兵士が消滅したという噂も存在している。

オーパーツの歴史を探る

オーパーツは古くは紀元前に作られたと思われるものがあり、人類の歴史を知る手掛かりになるとされている。

時には当時の科学技術を知る手掛かりになる物から、死者をどのように扱っていたのかを知る手掛かりになることもある。

しかし、その製造過程が不明なものが多く、信ぴょう性に関しては日々議論が繰り返されている。