無料で簡単!やった後に笑える面白い心理テストトップ5!

笑える心理テスト

今回はやった後で笑える心理テストトップ5をお伝えする。心理テストは小・中学生が面白がってするイメージもあるが、きちんと心理学に基づいて作られているもので、やってみると興味深い答えを導き出されるものだ。

イベントや仲間との集まりなどで心理テストをやると案外ウケが良く盛り上がる。そんな時により盛り上がりが欲しい人へ、やった後に笑える心理テストを集めてみた。

質問内容からは想像もつかないような答えでその後の会話も盛り上がること間違いなしだ。笑える心理テストで楽しい時間を過ごそう。

5位:あなたにとって「腕時計」とはどんな存在?

腕時計と言えば、身につけるものでその人にとってはステータスを表すものだ。そんな腕時計が自分にとってどんな存在なのか。さて、じっくりと考えてみよう。

心理テストの答えは、腕時計に対して感じている存在感は、自分の大切な人への思いなのだ。「なくてはならないもの」や「自分のからだの一部」なんて答えた人はヒーロー、ヒロインになれるが、「邪魔なだけ」や「格好よければそれでいい」と答えた人には周囲からはブーイングもの。その場に恋人がいないことを祈る。

心理学としても身につけるものに対してどんな風に思っているのか、その人の潜在意識を知る手がかりになるようだ。

4位:夜空を見上げるとそこにはいくつ星が輝いているか

夜空には星が一つでも輝いているものだが、あなたが想像する夜空にはどのくらいの星が見えるだろうか。

心理テストの答えは、その時の友人だと思っている人の数なのだ。自分が見える輝きの数が多ければたくさんの人を友人だと感じているが、一つや二つだと答えた人にはそれだけの人数を友人だと思っている、ということ。

その場が友人たちの集まりならば、少ない数を答えた人は窮地に陥ってしまう。誰が友人で誰が違うのか、友人という概念はどうなっているのだ、という話になってしまうだろう。

満点の星空、天の川のようだと答えた人は百点満点の答えだろう。

3位:数ヶ月かけて終了したロールプレイングゲーム、その時の感想は

一生懸命やって終わらせたロールプレイングゲーム、最後のエンドロールを見ている時にあなたはどんな感想を抱くだろうか。

心理テストの答えは、デートが終わった時にあなたが抱く感想だ。「楽しかった」「またやりたい」と感じるのか「疲れた」「次はゲームのジャンルを変えよう」という気持ちを抱くのか。

心理テストをした場に恋人がいるとかなりピンチな立場に追いやられ兼ねないが、周囲は大いに盛り上がるだろう。しかし、心理テストは正直な気持ちとインスピレーションなのだから仕方ない。

しかし、ゲームに対しての考え方がデートが終わった後に繋がるとは、心理テスト恐るべしだ。

2位:訪ねた家から出て来た人は誰なのか

背景としては森の中を歩いていて、家を見つけたので訪ねてみるとそこから人が出て来るのだが。その出て来た人は誰なのかを答えてもらいたい。あなたが知っている人の名前を答えてもいい。またはおじいさんや子供などと抽象的でも良い。

心理テストの答えは、家から出て来た人はあなたの背後霊なのだ。守護霊ではなく背後霊だというところがこの心理テストのミソだろう。生存している人の名前を出した場合には生き霊だということになるのだ。

何か心当たりがある問題かもしれないが、笑える心理テストで笑えない事態にならなければよい。

最近ついていないんだよね、などと困っている友人に試してみると原因がわかるかもしれない。

1位:道の向こうから歩いて来た人は何歳の人

あなたが道を歩いていると、向こうから人が歩いてきた。その人は何歳の人なのか?これこそインスピレーションで答えることで自分の心理を紐解くことになる。パッと浮かんだ人の年齢をいざ答えていただこう。

心理テストの答えは、向こうから歩いて来た人の年齢はあなた自身の精神年齢なのだ。赤ちゃんが歩いてくることはないだろうが、保育園児なのか高齢者なのか。

実際に答えが出た後に周囲の人に当たっているのかどうかを聞いたらおもしろい。新たな自分発見が出来るかもしれない。

精神年齢は自分が思っているものと違うと地味にショックを受けることになりかねないが、理解はしておいた方が自分を知ることでこれから役立つことに繋がるだろう。