食べること前提ではない!海に生息する奇妙な生き物10選

深海の生物

突然だが、「海」と聞いて想像するものは何だろう?夏の海水浴に、リゾート地でのバケーション、サーフィンなどのマリンスポーツ…。食いしん坊な人であれば、いきなり「寿司」のネタが頭に浮かぶ人もいるかもしれない。

しかし、地球上の70パーセントを占める海洋には、人間が決して寿司のネタとしては想定しないような生物も生息している。

これらの海の生き物は主に深海に生息することが多い。従ってダイバーの資格を持っていたとしても、めったにお目にかかることのない生物たちだ。太陽の光を浴びることもないので、奇妙を通り越し、不気味な容姿をしている。

まずもってこれらの生物を「食べたい」という人はいないのではないだろうか?

そこで食べることを前提にしていない!奇妙な海の生き物をトップ10を紹介していきたい。

10位: 吸盤が奇抜な青色、共食いもする「ヒョウモンダコ」

正直この外観は、奇抜としか表現しようがない。それでも体は小さく、黄色く変色したサメなんかの牙に比べたら、それほど脅威を感じないかもしれない。

しかし侮ったら、大変な目に合うだろう。なぜなら、このタコの唾液には毒が含まれており、海に生息する有毒生物として、もっとも脅威のある一種だからだ。

この毒は「神経毒」と言う種類のものであり、まさに人間すら死に至らしめる猛毒だ。もしこのタコに噛まれたら、1分程で呼吸筋不全をもたらす。すなわち呼吸ができなくなり、最終的には死に至る結果となるのだ。

このタコは通常、岩場の潮だまりやサンゴ礁の近くにたむろしている。幸いな事にその奇抜な外観のおかげで、たとえこのタコを見かけたとしても、すぐに見分けがつくだろう。“逃げるが勝ち”である。

9位: 巨大すぎて浅瀬には収まらないよ 「ダイオウイカ」

巨大なイカとして、テレビでも紹介されたり、水族館で標本が展示されていることからこのダイオウイカの存在を知っている人もいるだろう。

食いしん坊な筆者は、”海”、 “イカ” というキーワードを元に、ビーチでたべるゲソ焼きの美味しさを思い浮かべ、のどを鳴らしてしまうが、このイカのゲソを食べたいとは思わない。

そもそも食べられないと言ったほうがより正確だろう。

まず、このイカは深い深い深海に生息している。体の大きさは、オスで10メートル、メスはなんと13メートル程にまで成長するので、そもそも陸に近い浅瀬では、その巨体は収まらないのだ。

この異常なまでに巨大なイカは、まさに海の壮大さを象徴する生物であると言えよう。

8位: 黒い竜魚 「ブラック・ドラゴンフィッシュ」

名前を直訳すると、黒い竜魚(りゅうぎょ)。まさに名前負けしていない風貌…

この黒い竜魚は実のところ、熱帯海域に生息する「ホウライエソ」とその外観、生態ともに多くの共通点を持っている。怪物のような(失礼)顔立ちに、蛇のようなニョロンとしたスタイルまでそっくりだ。

そして、ホウライエソとやはり同じく、深さ2千メートルほどにまで達する深海に生息している。さらにメスに関して言えば、夜にニョロニョロと水面に泳ぎ上ってくるところも同じである。

ブラック・ドラゴシュンフィッシュは、餌をおびき寄せるために光を発するが、他の発光生物と異なりその光を自身で見る事もできる。そのため獲物の捕獲率も非常に高く、狙われた獲物にとってはまさに脅威の魔物になるだろう。

7位: 絶滅の危機あり‐蛇のようなサメ 「ラブカ」

灰色の体に、大きな口を開けた顔はまるで恐竜?

その顔に、長い身体と尾ひれをつけた姿は文字通り得体のしれない生物といったところだが、一応サメの一種である。そしてその原始的な外観から「生きた化石」などとも呼ばれているそうだ。

このサメだが、獲物を捕らえるときは、背中を曲げ、前面から一気に攻撃する。まさしく蛇が獲物を捕らえるのと同じく、その柔軟なアゴを使い、獲物を丸呑みするのだ。

さらに針のようにとがった歯は獲物を突き刺し、一度噛みつかれたら逃れられないのである。

この海に生きる蛇のように恐ろしいサメであるが、その数の少なさから “神話上の海ヘビ” などとも噂されている。幸か不幸か、その生殖率の少なさから、絶滅危惧種に近い品種とみなされているのだ。