小栗旬が出演したドラマ視聴率ランキングトップ5!

小栗旬とは

”演技派”という言葉が一番しっくりくるであろう俳優・小栗旬。

どんな役柄を演じても同じ人物に見えると言われる俳優が多い中、役柄によってまったく違う印象を残す小栗旬の演技力は圧巻としか言いようがない。

最近では「信長協奏曲」という作品で”織田信長”と”明智光秀”を一人で演じ分け、話題となった。

目の動き、表情、声のトーン。
更には纏っているオーラまで全く違い、その演技力に”狂気すら感じる”という声が多く聞かれた。

さて、そんな小栗旬は実は子役出身で、長い下積み時代を経験している。

1995年、13歳で「木曜の階段 怪奇倶楽部」で俳優デビューしたが、なかなか芽が出ず、小さな役しかもらえない日々が続いた。
けれど、諦めずに努力を積み重ね、2005年に放送された井上真央主演のドラマ「花より男子」で大ブレイクを果たした。

「花より男子」は人気漫画の実写化作品で、小栗旬はもともと漫画の中で人気の高かった”花沢類”というキャラを演じ、女性のハートを鷲掴みにした。

そして、それ以降は数々の作品で主演を務めている。

モデルで女優の山田優と結婚後も人気が落ちることはなく、第一線で活躍を続けている。

そこで今回は、そんな演技派俳優・小栗旬が出演したドラマの視聴率をランキング形式で紹介していこうと思う。
ただ、小栗旬は子役時代からたくさんの作品に出演しているため、今回は主演、またはメインキャストで出演したドラマに限定してランキングを作成させて頂く。

第5位:「東京DOGS」15.8%

「東京DOGS」は、2009年10月期にフジテレビ系月9ドラマ枠で放送された小栗旬主演のドラマである。

ニューヨーク市警察のエリート刑事と暴走族上がりの刑事がバディを組み、数々の事件に挑んでいくというストーリー。

月9枠で刑事ドラマが放送されるのは、なんと22年ぶりだった。
そのため、放送開始前から注目が集まり、初回平均視聴率18.7%と高視聴率を獲得した。

しかし、その後は思ったように視聴率が伸びず、平均視聴率は15.8%に留まった。

ただ、月9枠は年々視聴率が低迷しており、平均視聴率15%超えでも快挙と言える。
木村拓哉主演のドラマ「CHANGE」以来、5作品ぶりの15%超えとなった。

ちなみに、「東京DOGS」で小栗旬が演じたのは、ニューヨーク市警察のエリート刑事。
生真面目で融通が利かない堅物刑事という役どころ。

そして、バディを組む暴走族上がりの刑事を演じたのは、当時人気急上昇中だった俳優・水嶋ヒロ。

この2人のテンポの良い掛け合いが話題となり、高視聴率に繋がったと言われている。

クールなエリート刑事と人情派の叩き上げの刑事。
そんな2人が巻き起こす化学反応が魅力的な作品だった。

また、キャストも月9ドラマ初出演の役者が多かった。
主演の小栗旬と水嶋ヒロだけでなく、ヒロイン役の吉高由里子、勝地涼、臼田あさ美、川口春奈、水上剣星、ともさかりえ、矢島広が月9枠初出演となった。