山田孝之は結婚してた!結婚相手や子供など気になる情報5選!

山田孝之とは

ゲーム機や缶コーヒーのCMでおなじみの山田孝之は1983年10月20日生まれの鹿児島県出身の俳優だ。

1999年日本テレビのドラマ『サイコメトラーEIJI2』で俳優デビューした。以降、様々な映画ドラマに出演する。

2005年『電車男』で俳優、山田孝之の名をとどろかせたが、翌年2006年スキャンダルが発覚する。

ここまで順調に人気を博してきたのだが、この時俳優生命が危ぶまれる。

だが、つぶれることなく見事に彼は復活した。

デビュー当時のさわやか系の雰囲気も一変し、今ではひげを生やした貫禄ある(濃すぎるという話もあるが)イメージも定着しつつある。

そしてその後、2012年に一般女性と結婚した。

普段はクールで落ち着いた雰囲気でプライベートをほとんど感じさせない山田孝之。

そんな、普段多くを語らない山田孝之の結婚や子供に関して5つご紹介しよう。

カメレオン俳優と呼ばれる山田孝之とは

今やCMやドラマ、映画で見ない日はないのではないかというくらいの人気俳優の山田孝之。

コミカルからシリアスまで作品毎に異なる役をこなす、演技力の高い実力派俳優として”カメレオン俳優”と呼ばれ注目されている。

どのような経緯で山田孝之は俳優になったのか。簡単に説明しよう。

かつて山田は鹿児島県から中学3年の2学期に家族と共に上京してきた。

そしてある時、姉たちと原宿を歩いていた時にスカウトされた。

しかも女の子と間違えられてスカウトされたという珍しいエピソードだ。

そしてドラマ『サイコメトラーEIJI2』で16歳の時に俳優デビューを果たした。

2002年にはドラマ『大好き!五つ子4』にゲスト出演し、同ドラマの主題歌でCDデビューもした。

この時はアイドル路線だったようだ。

この年にコカコーラのCMにも初出演した。BGMはサザンオールスターズで

共演は蒼井優という、さわやかなサッカー部員役だった。

そして2003年ドラマ『WATER BOYS』初主演で、山田孝之の名前がメジャーとなる。

だが、事務所からオファーがきた仕事をまるで機械のように淡々とこなす日々。

山田はこの時期、テレビや映画の画面からは全く分からなかったが、人が嫌いで信用できず苦しんでいた。

2007年『クローズZERO』の出演で彼を取り巻いていた環境が一変することになった。

他人からの押しつけではなく、自らが選択していいのだと知ったのだ。

心が束縛から解き放たれた時、病んでいた自分から抜け出せたのだった。

そして2014年、役作りが上手くいかないことからスランプに突入するが、ドキュメンタリードラマ『山田孝之の東京都北区赤羽』に出演することで自分を取り戻すこととなる。

後に彼はこんなことを語っている。

「役柄を完全に理解すると、役柄が完全に人間になっちゃう気がするし、僕の色が付いちゃうのが嫌なんです」と。

あえて自分らしさや自分の芯を作らないという珍しい演技のアプローチ、そしてたくさんの苦悩と葛藤を乗り越えたからこそ、多様な役を幅広い演技力でこなす”カメレオン俳優”が誕生したのだ。

そんな彼だが過去に隠し子スキャンダルが発覚し人気低迷の時期がやってくる。

2005年映画『電車男』を主演して人気絶頂だった翌年、2006年の出来事だ。

だが現在は、以前とは役柄と風貌がガラリとイメージチェンジされて復活を果たしている。

それでは現在15年以上の俳優歴をもつ山田孝之のスキャンダルや結婚についてを紹介していく。

5位:2006年2月に隠し子が発覚

当時さわやか系の役で人気だった山田孝之に、生後4カ月の隠し子がいるというスキャンダルが発覚した。

まさに人気絶頂の時、そして結婚もしていない22歳の山田の記事に世間は衝撃がはしったのだった。

その気になる相手は芸能人で元モデルのChiho(本名:大山千穂)で『3年B組金八先生 第5シリーズ』で加藤バーバラ役で出演していた女性だ。

ちなみに第5シリーズと言えば、亀梨和也や風間俊介が登場した近年の人気シリーズである。

ふたりは2年間交際したようで、子どもは2005年に誕生している。

この一件で山田のドラマ出演は激減することとなる。山田にとってまさにピンチに時であった。

4位:認知問題はどうなったのか

結婚について、子供について山田は彼女と話し合ったのだが、結婚には至らなかった。

山田自身が「父親になり、家庭を持ち、役者を続けていくこと、どうしても自分自身の中で折り合いがつかなかった」と公式FAXでコメントしている。

話し合いで山田は、結婚はせずに子どもの養育費・生活費を支払うことになったのだ。

このことは相手側の家族とも合意したことだとも発表されている。

その騒動の直後のロケ現場で、こんなエピソードがあった。

一人の観衆が大声で山田に「どうして彼女を認知しないのか?」と質問したのだ。

山田はそれを聞くと凍り付いてロケの車に引きこもってしまったようだ。

山田のこんな様子を受けたからだろうか。

この穏便に解決したと見える認知問題、少々黒い噂があるのだ。

どうも事務所が大金を積んで、記事を書き換えさせたというものだ。

『電車男』で大ヒットした山田のイメージダウンを最小限に留めたかった事務所の思惑だろうか。

噂はどうであれ、実際に中絶させたり、仕事から逃げたりせず、公式コメントも出して責任を全うした山田に男気が感じられる。

ただ、いろいろな大人の事情にふりまわされて、子供はどうしても被害者になってしまうのが気がかりではある。