指輪がヒント?武井咲と熱愛報道があった歴代彼氏5人!

武井咲の熱愛報道

今回はオスカープロモーション所属の女優、武井咲と熱愛報道があった歴代彼氏を5人を紹介する。オスカーといえば米倉涼子、上戸彩、剛力彩芽などが在籍する大手芸能事務所。デビュー間もない女優でも、いきなり大河ドラマや大手企業のCMが決まるほどの力を持つ。

オスカーのゴリ押しといわれるタレントへのバックアップが強い反面、管理体制はAKBより厳しい。契約の時点で「10代でデビューした場合は25歳まで、20代でデビューした場合はその後の5年間」という恋愛禁止の掟が課せられる。

目に余るとアッサリ切り捨てるシビアな特徴もあるオスカー。わがままが過ぎて共演NGが続出したことから見放された感のある福田沙紀がよい例だ。ちなみに武井咲は12歳でデビューして現在22歳、すでに熱愛報道の常連である。どうか第2の福田沙紀にならないことを祈る。

5位:結婚している上司、滝沢秀明

北川みゆきの人気少女漫画が原作のドラマ「せいせいするほど、愛してる」では、滝沢秀明と武井咲は不倫の関係を演じた。武井咲が一般社員で滝沢秀明が既婚の副社長という役柄である。

結婚していながらも部下に惹かれる副社長を演じた滝沢秀明は、いくつになってもデリケートな美少年らしさを失わない。そして武井咲は正統派の美形、世にも美しい美男美女の組み合わせである。

熱愛報道された2人だが、実際のところは武井咲も滝沢秀明も人見知りで、仲がいいとか悪い以前に深いコミュニュケーションはなかったようである。キャラクター的にも、滝沢秀明は若い娘と仲良くなりたくて一緒にはしゃぐようなタイプではないだろう。

結婚している上司に恋するというせつない役どころではあるが、武井咲のプライベートにはまったく影響がなかった。しかし、目の保養になるドラマだったのは確かである。

4位:武井咲がファンだった大倉忠義

関ジャニ∞の大倉忠義と武井咲は、映画「クローバー」ドラマ「お天気お姉さん」で共演している。そもそも武井咲自身が大倉忠義をタイプ、ファンと公言していたことから熱愛の噂となった。

大倉忠義の父親は、焼き鳥チェーンで知られる鳥貴族の経営者。本人も1万株保有しているというから、ルックスに加えて経済的にも恵まれた生まれついてのモテ男といえるだろう。

大倉忠義のファンはかなり細かい部分にもチェックが厳しいため、噂になった女性タレントや女優はSNSや私服から大倉忠義の影を嗅ぎつけられる。ジャニーズファンの典型かもしれないが、ある意味マスコミよりも能力が高いのである。

元交際相手の芹那や寿るいも、ファンのほうが先に警戒していたようだ。しかし、武井咲に関して大倉忠義のファンが何か騒いだことはない。映画やドラマの公開に合わせて盛り上がるため、たんなる宣伝の一環という可能性が高い。