絶対行きたい!東京パワースポット5選!

東京のパワースポット

パワースポットという言葉は、すでに珍しいものではない。その根拠は自然崇拝の信仰の対象だったという説、風水説、磁気説など諸説あるが、とにかくダイレクトに全身でパワーを体感できる貴重な場所と定義されている。

そもそも昔から、お伊勢さんや熊野三山詣でなどの「ありがたい場所」を巡り歩く文化が日本には存在する。しかし、ありがたい場所は「おトクなスポット」ではない。マナーを守って頭を下げて訪れないと、逆効果になるおそれも否めない。

そこがお寺や神社でなくとも、パワースポットでは謙虚な気持ちを忘れずに!何かの力がある場所なのだから、失礼がないよう気をつけることが大切だ。

年末年始は人生にも気持ちにも区切りをつけたくなる時期である。仕事や金運などのジャンルごとに、東京のパワースポットをピックアップしてみたので、機会を作って訪れてみてはいかがだろう?

5位:健康にはとげぬき地蔵尊

怪我や病と無縁な健康を手に入れたければ、巣鴨のパワースポットとして有名なとげぬき地蔵は外せない。とげぬき地蔵という呼び方が親しまれているが、正式名称は曹洞宗の萬頂山高岩寺といい、本尊は地蔵菩薩さまである。

お地蔵様への参拝が終わったら、お守りやおみくじできる場所で「御影」を購入しよう。御影とは菩薩さまが描かれている紙である。この紙で体の悪いところを擦るとよくなるといわれており。飲み込めばのどにささった魚の骨が取れるそうだ。

また、洗い観音様もいらっしゃるので、自分の体の悪いところと同じ箇所を洗うと治癒にむかうとされている。

4位:縁結びは神田明神

威勢のいい神輿が練り歩く江戸っ子のお祭り神田祭で有名な神田明神は、昔から縁結びの神様として知られている。島根県の出雲大社(こちらも縁結びで有名)と同じご祭神で、日本一大きな大黒様(大己貴命)が鎮座するパワースポットだ。

縁結びといっても恋愛や結婚に限らず、あらゆる幸福を願って縁を結んでくれるので、人間関係を見直したい人にもおすすめである。可愛らしい縁結びのお守りも常に豊富にある。

ちなみに、神田明神は24時間参拝可能な神社だが、23時までは580基の燈明が灯り、神聖で荘厳な雰囲気を味わいながら星月夜参りができる。