市販のホワイトニング歯磨き粉ランキングトップ5!

ホワイトニング歯磨きとは

「芸能人は歯が命」。かつては、こんなCMが流行ったものである。

その時のCMも、芸能人がきれいな白い歯をきらりと光らせていたものである。

元プロ野球選手の新庄剛選手も、びっくりするほどの白い歯を見せていた。

もちろん、あれは歯磨きだけで生み出せる白さとはいえないであろうが、あれに近づく方法はあるはずだ。

それは、ホワイトニング歯磨きというものである。

歯を白くすることに注目した歯磨きで、この歯磨きを使うことで歯を白くすることに近づけるはずだ。

歯科医ははみがきの効果をどう考えているのか

世の中にはたくさんの歯磨き粉が存在するのだ。それだけ、人間にとって歯というものが大切であるということがわかるはずである。

歯磨粉と一口に言ってもその用途は分かれる。

①虫歯になりやすい人向けの歯磨き粉

②歯周病になりやすい人向けの歯磨き粉

③歯がしみやすい人向けの歯磨き粉

④口臭が気になる人向けの歯磨き粉

⑤歯を白くしたい人向けの歯磨き粉

このように、歯磨き粉にも用途によって、大まかにこのように分けることができるのである。

この記事ではその中でも⑤の歯を白くしたい人向けの歯磨き粉をランキング形式で紹介したいと思う。

歯を白くするための「歯磨き粉をホワイトニング歯磨き」と呼ばれる。

この記事を通して、自分に合うホワイトニング歯磨きが見つかるはずである。

ホワイトニング歯磨きのおすすめの使い方

ホワイトニング歯磨きのおすすめの使い方を先に説明しておく必要があるはずだ。

ホワイトニング歯磨きは、研磨剤を使用しているものと、使用していないものの違いがあるが、使用の仕方は同じである。

着色汚れのつきやすい、コーヒーなどを飲んだあとにホワイトニング歯磨きを使って、歯磨きをることがおすすめである。

注意しなければならないのは、ごしごしと強く磨くのではなく、着色が目立つ部分を重点的に磨くことがポイントだ。

そして、磨き終わった後にしっかりと洗い流すことを覚えておこう。

ホワイトニング歯磨きで歯磨きを行った後に、フッ素配合の歯磨きで軽く仕上げるのもおすすめできる歯磨きの仕方だである。

5位:アメリカで生まれ海外から輸入された「デンティッセ」

容量:150グラム 価格:2,200円

この商品は研磨剤に、粘土の一種である「カオリン」という天然粘土を主成分としている。

このカオリンは歯の表面のエナメル質を傷つけにくい性質を持っており、研磨剤が入っていても、歯を傷つけにくいようになっている。

歯が滑らかに磨き上げられることで、着色汚れがつきにくいようになっているのもポイントである。

このことで、健康的で白い歯に蘇るというわけである。

成分に天然植物由来のセイヨウハッカ油を配合しているため、磨き上げたあとはスーッと心地よい気分になるのが特徴だ。

4位:海外でホワイトニングと口臭予防として人気の高い「セラブレストゥースジェル」

容量:113グラム 価格:1,944円

この歯磨きの特徴的な部分は、歯磨き粉が「ジェル」で出来ているという点である。

ジェルの効果によって、口内の浄化力が高く、歯石や歯のヤニを取ることで、ホワイトニング効果が期待できるのである。

なかなかジェルの歯磨きというのは珍しいが、歯についた汚れに浸透して、ホワイトニングにつながるという点は期待ができる。

また、この歯磨きは歯だけでなく、舌ケアも出来るのが魅力である。

この歯磨き粉を作った博士は、娘が「口臭が原因でいじめにあった」ことで、口臭の研究を始めたそうである。

ジェルによって隅々まで、成分が行き届いてホワイトニング効果と口臭予防も出来るという2つの点が期待できるのだ。

自分がホワイトニングと口臭の両方に悩みがあるなら、この歯磨き粉で間違いないだろう。