ワイン検定講師が選定!安くて美味しいワイントップ5!

安くて美味しいワイン

「1本、100万円」、世界で一番高いワインの価格である。そんな値段を聞いてしまうと「ワインとはセレブの飲み物」で、一般庶民である私たちが手を出すべきものではないと感じでしまう。

そもそも高価格ワインは、ワインメーカーが付加価値をつけるためにとてつもない手間をかけてできたもので数が作れない分、希少性が高い。需要が供給を上回れば、価値が上がり、価格も上がるというのは市場の原理というもの。

そういう特別なワインは特別な時に楽しめばよく、むしろ普段の食事と一緒に楽しむのなら、気軽に買える価格帯のワインで充分である。

最近は、各メーカーがこぞって低価格で美味しいワインを販売している。今回はスーパーやコンビニなどで、1,000円以下で気軽に買える安くて美味しいワイントップ5を紹介する。

5位:FamilyMart Collection(ファミリーマート)

コンビニエンスストア、ファミリーマートのプライベートブランド「FamilyMart Collection」。「ファミリーマートがお客さまの1人1人のキモチを考え、お客さまに喜んでいただける価値ある商品やサービスをこころを込めて選定し、提供」しているとのこと。

ファミリーマートが私のキモチを考えてくれたのかどうか定かではないが、家から徒歩3分以内のお店で、イタリアのDOCGワイン(日本語に訳すと「統制原産地呼称」と呼ばれ、決められた方法に則って作られた格付け最上位のワイン)が、しかも1,000円以下で購入できるということは画期的というより他ならない。

価格帯も下は500円程度から、上は千数百円程度、扱う国もフランス、イタリアなどのヨーロッパのものから、チリや南アフリカなど新世界のものまでバラエティに富んでいる。