2017年版!人気の洋楽Youtube再生回数ランキングトップ50!

18位:Shakira – Waka Waka (This Time for Africa)

14歳という若さでデビューしたコロンビアを代表する超大物女性アーティストShakira(シャキーラ)。「Waka Waka (This Time for Africa)」でも、彼女の生まれ故郷のリズムとテンポが非常にうまく表現されており、彼女らしい明るい曲調にのせて歌う様は見ていて気持ち良い。ラテンミュージックの女王として現在も君臨し続けている。

17位:LMFAO – Party Rock Anthem ft. Lauren Bennett, GoonRock

エレクトロポップミュージックで一世を風靡した二人組のデュオユニットLMFAO。「Party Rock Anthem」は彼らを代表する楽曲で世界中の人々の耳に残っている。歌に入る前のリズムやテンポを聴いただけで、誰の歌かは分からずとも誰しも一度は聴いたことのある曲だと分かる。それぐらい有名な曲で、クラブ楽曲として欠かせないどころか、聞いていて元気をもらえるほどの影響力がある。ミュージックビデオのダンスシーンも見ものである。

16位:Justin Bieber – Sorry

その甘い歌声は世界中の女性を魅了する。出す曲、出す曲が世界中でヒットするミュージック界の若きカリスマ。「Sorry」でも軽快なリズムと、彼のとろけるような歌声がうまくミックスしている。