榮倉奈々の性格がわかるエピソードトップ5!

榮倉奈々とは

榮倉奈々さんは、1988年2月12日生まれ現在27歳の女優である。

スカウトから芸能界入りし、雑誌「Seventeen」の専属モデルになったあとはモデルとしてだけではなく女優としての活動もスタートさせた。

ドラマではNHKの連続テレビ小説「瞳」やお嬢様学校に転校してくる普通の女の子を演じた「メイちゃんの執事」湊かなえさんの人気小説を実写化した「Nのために」などの出演している。

映画では病気に苦しむ花嫁を演じた「余命一ヶ月の花嫁」や自由と正義を守る隊員を演じた「図書館戦争」が代表作である。

女優としてはドラマ・映画と共に代表作を持っており評価されている。

彼女の演技力も歳を重ねるごとに幅が広くなっていて上手くなっていることもあり、観るものを惹きつける魅力がある。

榮倉奈々さんはモデルとしてデビューした頃から元気で明るいというイメージを売りにしてきたが、実際の性格はどうなのだろうか。

今回はそんな榮倉奈々さんの性格が本当はどうなのかについて紹介したいと思う。

榮倉奈々さんのことがよく分かるエピソードを紹介するので、彼女をもっとよく知ってもらいたい。

5位:スタッフにサプライズ

榮倉奈々

フレンドリーな榮倉奈々さんは、スタッフさんたちとも仲が良いようだ。

これはAスタジオで披露されたエピソードである。

榮倉奈々さんは仲の良いスタッフさんの誕生日に自ら段取りを決め、料理を作りサプライズをするのだそうだ。

理由は辛いときに支えてくれたから。

順風満帆に見える彼女にも辛いことはあったようで、そのときの恩を忘れていないのだという。

語る彼女の目には涙が浮かんでおり、いつも明るく元気な榮倉奈々さんも傷ついたり悲しんだりすることがあるのだとわかったし、スタッフさんに対して思いやりを忘れない情の厚さも感じられた。

このエピソードでは、榮倉奈々さんの優しさや気配りができることなどが知ることができる。

だから彼女は愛されているのだとよく分かる。

4位:お肉が大好き

榮倉奈々さんは高身長で、痩せすぎな体型を持っているスタイル抜群な女優である。

モデル出身ということもあってか、美容や健康にも結構気を使っているようだ。

しかし、食事制限をしたり無理なダイエットをしたりということはないようだ。

基本的にはアクティブな榮倉奈々さんは健康的に体を動かすことの方が合っているようで、スポーツで汗を流したあとはお肉を食べているそうだ。

女性は無理して痩せようと考えてしまいがちだが、榮倉奈々さんのような好きなことをして好きなものを食べるというような方法は一番理想的かもしれない。