モラハラ妻の原因や特徴とは?おすすめの対処法8選も紹介!

サングラス越しに睨みつける女性

モハラハ妻の原因と特徴、その対処法とは?

ハラスメントの話題が何かと取り沙汰されるようになったが、それは会社などの外だけではなく、家庭内という中の空間にも広がるようになった。

とりわけ注目されているのが、妻による夫へのモラルハラスメントだ。家庭内で男女の力関係が逆転するだけでなく、夫が妻に虐げられるという現状は家庭内だけの問題にとどまらず、社会問題になりつつある。

今回はそんなモラハラ妻の原因や特徴を紹介していく。もしあなたの妻にも当てはまる部分があれば要注意だ。

【みんなに読まれてます】

8位:モラハラ妻の特徴

両手を広げて怒りを露わにする女性

モラルハラスメントとは精神的な嫌がらせをすることで相手を傷つけることだ。夫に対してモラルハラスメントをする妻、つまりモラハラ妻とは夫を精神的に追い詰める妻のことだ。

モラハラ妻は強い言葉で夫をなじったり、相手を傷つけるようなことを平気で言う。夫の身体的な特徴を悪く言ったり、夫のやることなすこと全てにケチをつける。

それは夫をけなすことで自分が主導権を握り、自分の正しさを証明したいからなのだ。モラハラ妻はプライドが高かったり、自己愛が異常に強い場合が多い。自分を認められたいという欲求を満たすために、平気で相手を貶めたりもするのだ。

また言葉で傷つけるだけではなく、夫のことを無視して精神的に傷つける場合もある。特に自分の都合の悪いことにはすぐ知らないふりをするだろう。自分に甘く人に厳しいのだ。

プライドが高いので自分が一番でないと気が済まず、自分の価値観が絶対に正しいと思い込み、他の価値観を一切認めないのも特徴だ。

自分の価値観が正しく、それが常識であると信じているので、夫の行動や考えがそれにそぐわないと常識に反していると猛烈に批判する。

そうやって間違った常識で攻め立てられていると、いつしか本当に自分が非常識なのではないかと、精神を病んでしまう夫も増えているようだ。妻の考えがあまりにかたくなな場合にはモラハラ妻ではないか注意して観察する必要がある。

7位:モラハラ妻になる原因は

頭を抱える男性

モラハラ妻になる原因は何なのか。一番のポイントとしては性格や過ごしてきた環境が考えられる。

子供時代に親の言う事を従順に守り、親の言いつけは絶対だという教育を受けていた場合、モラハラ妻になる可能性が高い。

親の言う事を聞けば失敗することはないと教え込まれていると、完璧主義になり、言う事を聞きさえすれば親は自分を愛してくれるので、歪んだ自己愛を高めていく人が多い。

人の言う事を聞いて生きてきたので、物事の責任は自分にはなく、失敗すればそれを指示した人のせいという考え方が身についているので、最初は夫の指示に従順であるが、それで失敗を経験すると、手のひらを返したように夫を批難し、そのままモラハラ妻になるケースが多い。

また自己愛が強いので、夫に注意を払われなくなると、自分のことをもっと見てほしい、必要としてほしいと思い、過剰な行動や言動をしモラハラ妻になるということもある。

モラハラ妻になるのは、妻の責任だけではなく、周りの環境や人がそうさせるので、その責任は自分にもあるのだということを覚えておこう。