ぼっちでもクリスマスに寂しさを感じない過ごし方トップ5!

ぼっちで過ごすクリスマス

クリスマスを恋人と過ごすなんてもはや過去の話、今の時代は「ぼっちで過ごすクリスマス」が主流になりつつあるのだ。

ぼっちの理由は人様々だが、仕事の多様化等で家族や恋人と過ごす事が今まで以上に難しくなっているのが主な原因と言われている。

家族がいても、恋人がいても、「クリスマスぼっち」になってしまう人達が急増しているのだ。

それに伴い、「ぼっちでクリスマスを過ごしても何にも思わない」人が増えていき、ぼっちで過ごすクリスマスが多くの人の間で普通になり始めているのである。

こうして見ると何とも切ない理由だが、ぼっちでクリスマスを過ごす事は何もおかしいことでも、寂しいことでもない。

それどころか、誰でも「クリスマスぼっち」になる可能性があるのだ。

そこで、今回はクリスマスをぼっちで楽しく過ごす方法をご紹介する。

これを参考にして、楽しい「ぼっち」クリスマスを過ごしてほしい。

ぼっちは決して寂しいことではなく、むしろ楽しめる事だと思えれば幸いだ。

5位:映画鑑賞

クリスマスは良く映画の題材にされている。そこでお勧めなのが、クリスマスをテーマにした映画を見る事だ。

「クリスマス映画なんて、どうせ恋愛ものばっかだろ!」と思った方には、ぜひクリスマスホラーをお勧めしたい。

実は、イギリスなどのヨーロッパでは怪談は主に冬に行われる。向こうの冬は厳しく、家の中で過ごさなくてはならないため、そういった話がもてはやされたのだ。

また、クリスマス休暇で誰もいない状態が作りやすいため、ホラーやサスペンスの題材になりやすい。

そんな訳で、クリスマスにホラーは付き物なのである。ヨーロッパ各国に一つは必ずあるレベルでクリスマスホラーは取り上げられているので、DVDを大量に借りて見比べてみるのも面白いだろう。

4位:アルバイトをする

この時期には様々な短期バイトの募集がある。

これ等の募集に応募するのも有意義な過ごし方だろう。特に、学生さんにお勧めの過ごし方である。

サンタクロースの格好をして商品を売りさばく販売系、クリスマスプレゼントやお歳暮の類を届ける配達・運搬系、クリスマスイベントの臨時スタッフなど、探してみれば本当に様々なアルバイトが見つかるだろう。

クリスマスと隣接してお正月があるため、それに備える為に人員を確保しようとしている企業やお店もある。自分に何ができるか、どれくらい稼ぎたいかを考えて選ぶようにしよう。