矢口真里と熱愛が噂された歴代の元彼6人!

矢口真里とは

矢口真里は大人気のモーニング娘。のリーダーもつとめ、またバラエティ番組でも明るいキャラクターを活かし活躍していた。

2011年には中村昌也と結婚し、順風満帆に思われていたが、自身の不倫によって2013年5月に離婚した。

その後、番組、CM出演などすべて降板し、芸能界休止に追い込まれた。

1年半の休止の後、ワイドショー番組で復帰するも、世間(ネット)は厳しく、本格復帰は未だ(2017年現在)なされていない。

多くの不倫の原因が男性側に多い中、矢口真里の場合は自分側だったため、女性からの反感を買ったのが原因なのではないだろうか。

その影響か2016年3月から始まったカップヌードルのCMには苦情が多く寄せられ、打ち切りとなってしまった。

このCMに関しては「バカやろう」というテーマで矢口真里も出演していたため、不倫を推奨しているという苦情が多く寄せられたのだという。

それだけではなかったと思うが、放送し続けるメリットはないと判断されたのだろう。

矢口真里は以前から肉食系として知られており、さまざまな男性と噂になっている。

2016年のバラエティ番組ではキス体験なども語っており、明るいキャラクターは変わっていないようだ。

そんな矢口真里の元彼を調べていこうと思う。

6位:矢口真里の元彼その1 あまりにもスキャンダルの多い後藤祐樹

後藤祐樹は元モーニング娘。のメンバー後藤真希の弟である。

後藤真希とは1歳違いの年子であり顔もよく似ている。

筆者は後藤祐樹という存在をほとんど知らない。

顔は見たことがあるのだが、活動しているのを見たことがないように思う。

と思ったらEE JUNPのボーカルとして活動していたが、2000年から2002年までの活動期間とかなり短いのだ。

2002年に未成年ながら飲酒をしているところを写真誌に撮られ、同年にグループは解散してしまう。

芸能界を引退した後、19歳でできちゃった結婚し、銅線を盗んでは転売するという犯罪に手を染めてしまう。

自首して実刑を受けたが、その後も自らのスキャンダルを売りにするような生活をしていたようだ。

後藤祐樹と矢口真里の接点といえば、姉である後藤真希しかいないわけだが、元彼というよりは遊び相手という感じである。

しかも後藤祐樹が出した書籍の中で矢口真里のほか、モーニング娘。の複数人と関係した、と書かれているだけなのだ。

矢口真里も元彼などとは書かれたくないだろう。

今は芸能界では活動していない後藤祐樹だが、夫であり父でもあるのだから、まっとうな人生を歩んでほしいと思う。

5位:矢口真里の元彼その2 「AHKAH」設立者を母に持つ福王寺彩野の夫、魚谷輝明

矢口真里と噂になったり、元彼だと言われている男性で知ってる人物が小栗旬しかいないので、当然この魚谷輝明という人物は今回初めて名前を知った次第である。

しかもかなり有名なので驚いてしまったのだが、本名が福王寺輝明なっており、奥さんである福王寺彩野という人が大変有名でセレブなんだとか。

福王寺彩野という女性も実はよく知らないのだがディズニーランドで挙式をあげたりなど、かなりのセレブらしい。福王寺彩野の母はジュエリーブランドの「AHKAH」の設立者なのだ。

今は福王寺彩野の配偶者として有名になっているようだが(SNSでは福王寺輝明という名前で活動している)、矢口真里と噂になっている頃はそれほどでもなかったらしい。

もともとはジャニーズ事務所に所属し、関西ジャニーズJr.として活動していたが、ジャニーズ事務所を退所し、舞台俳優に転向するも2007年くらいまでの記録しかない。

今はもっぱら福王寺彩野のサポートをしている状態のようである。

矢口真里とはデートしていたところをスクープされたようだが、その時期魚谷輝明が有名ではなかったため、あまり大きく報道されなかったようだ。

魚谷輝明は著名な女性と付き合ったり、結婚したりすることで自ずと名前が有名になっているようだ。

AHKAHは若い女性に有名なブランドだし、その設立者の娘、福王寺彩野もthink pinkというジュエリーブランドの代表をつとめている。

魚谷輝明はサポートとして頑張っているようである。

4位:矢口真里の元彼その3 「ラストキスの相手?」として名前があがった川久保拓司

川久保拓司という俳優をご存知であろうか。残念ながら筆者はよく知らない人物なのである。

というわけで少しプロフィールを書きたいと思う。

東京出身、1981年12月17日生まれの35歳(2017年現在)である。

身長は180cmで高校生の時にスカウトされ「コカ・コーラ」のCMに起用されたり、大学時代は「ミスター立教」になるなど、なかなかイケメン俳優である。

2003年に舞台で俳優人生をスタートさせ、2004年の『ウルトラマンネクサス』(TBS系列)では最終回までウルトラマンに変身しない主人公を演じた。

かなり濃い目の顔なので見たことがあるような・・・と思っていたら『勇者ヨシヒコシリーズ』でポンジ役で出演していたので、それで見たことがあったのだろうと思う。

最近ではコンスタントにテレビドラマや舞台に出演しているようだ。

矢口真里との関係は1年ほど続いたようだが、すれ違いが多くなり破局に至ったそう。

2016年の『ラストキス 最後にキスするデート』という番組に矢口真里が出演し、26歳くらいの時につき合う前にカラオケ店でキスしたという体験を話し、当時ドラマに出演していたイケメン俳優で、Wikipediaで調べればわかる、と発言したためネットでは誰だ?と話題になった。

ちなみにその時に出演していたりゅうちぇるに耳打ちしたところ「知らなーい」と言ったため、あまり有名ではないイケメン俳優だということになり、川久保拓司の名前が発覚したらしい。

つき合う前にキスしたとか、そんなことをテレビで堂々と言ってしまうところが女性から反感を持たれてしまうのではないかと思うのだが、反面無邪気な性格なのかもしれないとも思える。

川久保拓司は2015年に一般女性と結婚し、翌年には1児も誕生したらしいので俳優として活躍してほしいと思う。