職業は棋士?山下達郎の娘にまつわるエピソード5選!

タレント2世ブーム到来

女優、俳優やミュージシャンはもちろんの事、スポーツ選手や政治家に至るまであらゆるジャンルの著名人を両親に持つ、いわゆる「2世」のブームが到来している。それは時として「サラブレッド」と呼ばれちやほやされる事もあれば、「親の七光り」などと揶揄される事もある。

このように、何とも複雑な星のもとに生まれてしまった「2世」。ここでは、とある大物ミュージシャン夫婦を両親に持つ人物について紐解いていく事にする。

日本が誇るクリスマスの名曲カップル


「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう」…。この印象的なフレーズは誰しもが聴き覚えがある事だろう。言わずと知れた、山下達郎氏の名曲「クリスマス・イブ」である。街中やテレビでこの曲が流れるようになると、「ああ今年もそんな時期か…」とワクワクしてくるから不思議だ。たったワンフレーズにして大勢のハートをがっちり掴んでしまうとは、恐るべし山下達郎。

そして、クリスマスソングと言えばこちらも忘れてはならない名曲だ。「ク~リスマスが今年もやってくる♪」と、軽快な鈴の音と共に私達にウキウキ感を届けてくれる、竹内まりや氏の名曲「すてきなホリディ」である。この曲を聴くと、クリスマスの到来を感じると共にケンタッキーフライドチキンを食べたくなるのは私だけではないであろう(CMに使われているので)。そしてご存知の事と思うが、この二人が夫婦であるという事実がもう素晴らし過ぎる。それこそサンタからの贈り物なのか?などとファンタジックな事を考えてしまうほどに素晴らし過ぎる。まさにスーパー夫婦であると言えるであろう。

山下達郎&竹内まりや夫妻には娘がいる?

話を元に戻そう。昨今の「タレント2世ブーム」は留まるところを知らないほど勢いに乗っているが、ここで注目をしたいのが、「山下達郎と竹内まりや夫妻に娘がいる」という噂についてである。これほどの偉大なミュージシャンカップルの娘となると、やはり音楽の道に進んでいるのだろうか…などとあれこれ考えてしまうのが人の性というものだ。一体どのような女性なのか?想像は膨らんでいくばかりである。

「山下達郎 娘 棋士」謎の検索候補の理由とは?

グーグルやヤフーなどで「山下達郎 娘」と入力すると、「山下達郎 娘 棋士」という検索候補が出現する。棋士とは将棋を指す人の事を指し、プロとして将棋をしている人の事を特に「プロ棋士」と呼ぶ事もあるようだ。

上記のような検索結果が出るという事は、山下夫妻の娘は棋士なのか!?と思うかもしれないが…このような事実はないとの事。では一体なぜこのような検索結果が出るのだろうか?

こさかさん(@itanoosi)がシェアした投稿


実はこれはインターネット上では結構有名な話の様で…。かつて、2ちゃんねるの山下達郎のスレッドに「山下達郎の娘」という紹介と共にとある女流棋士の画像が貼られた事があった。その女性の名前は「室田伊緒(むろたいお)」さんと言い、もちろん山下達郎夫妻とは無関係である。このように、誤解が生じるまでの経緯は至って単純であるが、多くの人々がこの室田さんが山下夫妻の娘だと信じてしまったのは何故だろうか?その理由もまた単純であったようだ。室田さんと山下達郎は、親子だと言われて何の疑いも持たないほど、顔が似ているのである。「そんな事かよ!」と呆れてしまう人もいるかもしれない。

しかし、顔が似ているというだけで親子関係を疑われた著名人は意外にも多く、例えば俳優の火野正平氏の若かりし頃の画像が濱田学に似ているという事で、こちらの二人も親子であるという節が浮上した事があるようだ。ちなみに、火野正平自身の口から親子関係はない事をはっきりと明言している。プレイボーイの火野正平ではあるが、さすがにこれはデマだったようだ。

この人が山下達郎夫妻の娘?職業はシンガー?

様々な憶測が飛び交っている山下達郎夫妻の娘だが、かつては非常に有力な情報がネット上で話題になっていた。「山下達郎と竹内まりやの娘はシンガーソングライターらしいー」。音楽界の重鎮夫婦の間に授かった子どもである、同じ音楽の道に進んでいたとしてもおかしくはない。問題のシンガーがこちらの女性だ。

名前を山下絵理さんという。ellie名義でも活動中のようだ。可愛らしい容姿も印象的であるが、2014年度にヒットしたドラマ「ディアシスター」の挿入歌を歌った事で知名度が上がったようである。名字が山下、職業がシンガーソングライター…そしてなんと山下達郎夫妻と所属事務所が同じなのだとか!これはもう相当に信憑性が高い情報なのでは!?

…と思いきや、こちらも2ちゃんねる発信のデマであるとの事。まあ、これほど論拠が揃っているのだから信じてしまう人々が多いのも無理はない。何より、「山下」と名字が同じというのはめちゃくちゃ説得力があるだけに残念である。