吉高由里子の熱愛彼氏と噂された6人を一挙紹介!

吉高由里子とは

吉高由里子はエキセントリックというイメージが強い。なぜならTwitterに載せる文章や写真がアーティスティックだからだ。時には詩のような心のつぶやきであり、月夜の写真だったりする。

どこか不思議なイメージがあるのだ。

朝ドラの『花子とアン』で花子役の時は酒には弱いが知的で凛とし、貧しい生まれながらも子どもたちに物語を聞かせようと奮闘する女性を演じていた。しかし『ガリレオ』では目上の人間に敬語を使うこともなく、あまり好感の持てない刑事役を演じている。

どちらも吉高由里子という女優が演じているのだからやはりすごいと思ってしまう。

そんな吉高由里子の男性関係はどうなのだろう。一時、flumpoolの野田洋次郎との噂があったが破局してしまったらしい。

不思議な女優吉高由里子の歴代彼氏を調べていこうと思う。

6位:彼氏と噂された玉木宏は吉高由里子を「友人だ」と言い張った

2人が出会ったきっかけはTBSのドラマ『ラブ・シャッフル』(2009年)だった。ドラマの内容は自分の恋人を交換するというストーリー。

出演者同士が仲が良く一緒に食事などに行く機会が多かったため、自然とカップルになったらしい。週刊誌やスポーツ紙で報道され、その後はドラマの仲間にもつき合っていることを報告したというのだからかなり真剣交際だったのでは。

2人だけで歩くというまるで学生のようなデートが目撃されていたが、その時もラブラブそうな雰囲気が伝わってきたという。

熱愛報道が出たのは2009年の6月だったが、11月に玉木宏が出演するCMでの会見で友人だということを強調していたことから半年も経たずに破局したと考えられている。

吉高由里子も恋多き女性のようだし、彼氏であった玉木宏も恋愛にのめり込むというよりは仕事やプライベートを優先したい性格ということで価値観が合わなかったのではないだろうか。8歳という年齢差も影響したのかもしれない。最初は軽いノリでつき合っても価値観や性格が合わないと続けてはいけないものだ。

そして吉高由里子はflumpoolの尼川元気と熱愛の噂が出ることになる。

5位:吉高由里子の過去の彼氏、flumpoolのメンバー尼川元気

flumpoolは4人組のロックバンドで2009年には『紅白歌合戦』に出場し、2017年の1月期の月9(フジテレビ)にはボーカルの山村隆太が出演することでも話題になっている。

吉高由里子の彼氏として噂になったのはボーカルではなく、ベーシストの尼川元気である。

事務所が同じアミューズだということも関係しているのか親しくなり都内で居酒屋デートの後、尼川元気のマンションで過ごしたことが話題になった。その後、事務所が熱愛ではないと否定した。ゲームで盛り上がり徹夜になってしまったと釈明したが、そんなことを信じる人がいたとは思えない。

そうでなくても吉高由里子は肉食系として知られているのだ。しかも前の彼氏の玉木宏と破局後間もなく熱愛が発覚したというから吉高由里子の行動力には感心してしまう。

吉高由里子のピュアな魅力は男性を虜にしてしまうのではないかと思う。彼女は死すらも考えた事故に遭い、その後女優という道を選んでいる。そういった体験が吉高由里子を動かしているのではないかと想像してしまう。

女優として、女性として後悔しない生き方を考えているのではないだろうか。しかし尼川元気とは1年も経たずに破局してしまったようで、彼にとってはピュアな吉高由里子が悪女に思えてしまうかもしれない。

4位:吉高由里子の過去の熱愛彼氏、生田斗真

flumpoolの尼川元気とお泊りデートが発覚したのは2011年。事務所が否定したこともあり2人は間もなく破局してしまう、そして2012年、映画『僕等がいた』で共演し接近したのは生田斗真だった。

どちらが接近したのかわからないが、恋人役を演じているうちに本気になってしまう俳優は多いと聞く。裏を返せばそれだけ役にのめり込んでしまうという証拠だ。

生田斗真と吉高由里子はスタッフ共演者などを隠れ蓑にして、ダーツバーなどで遊んでいたらしい。手を絡ませる恋人つなぎをしていた2人の写真がバッチリ撮られてしまっている。

しかし熱愛だと思っていたのは吉高由里子だけで、生田斗真は若干引き気味だったようだ。

映画は前後編あったので普通の映画撮影よりも長かったらしいが、真面目に台本を読みたいと思っている生田斗真にメールや電話がかかってきて、そのうち携帯恐怖症になってしまったという噂も流れた。

生田斗真は女性には優しそうに思えるし、吉高由里子は甘え上手な面もあって映画の撮影中でのひとときのカップルだったのかもしれない。

吉高由里子は共演者キラーとも言われており、可愛く甘えられたら誰でも断れなさそうである。