新垣結衣出演のドラマ視聴率ランキングトップ5!

新垣結衣とは

新垣結衣、沖縄那覇市出身、1988年6月生まれ。

冬限定のチョコレートのCM「冬のkissは雪のようなくちどけ~」やチキンラーメンなど、新垣結衣は、ドラマや映画よりもCMのイメージが強い!?

新垣結衣のドラマデビューは、2005年1月から深夜枠で放送されていた「Sh15uya」。

このドラマで新垣結衣は、《シブヤ》内で唯一マージ(この世界における変身)能力を持ち、ピースを倒す事のできるキーパーソンの少女「エマ」を演じている。
要するに、少年少女たちの戦いを描いたアクションドラマである。

一番最近のドラマとしては、2015年10~12月期ドラマ「掟上今日子の備忘録」に主演。
銀髪メガネの探偵を演じていた。

12月12日に最終回を迎えたこのドラマであるが、初回の視聴率は12.9%と、最近のドラマとしては高視聴率でスタートしたものの、2話~5話までは10%台、その後8.8%、7.6%…と一桁台に落ち、8話で7.2%に。
9話で9.2%と盛り返し、最終回の平均視聴率は10.5%だった。

2015年10~12月のドラマの中で、新垣結衣主演「掟上今日子の備忘録」は、平均視聴率が13番組中6番目であった。

新垣結衣が出演したドラマで、平均視聴率が13%以上のドラマをランキング形式で5つ紹介しよう。

 

►新垣結衣に関するランキングまとめ!

 

5位:「S-最後の警官」平均視聴率14.2%

ドラマ「S-最後の警官」は、2014年1月~3月期のドラマである。
主演は、向井理。

2015年10月~12月期ドラマ「コウノドリ」で主演している綾野剛も警視庁警備部警備第一課特殊部隊 (SAT) の隊員「蘇我 伊織」役で出演している。

新垣結衣と綾野剛は、2013年4月~6月期ドラマ「空飛ぶ広報室」でも共演している。

ドラマ「S-最後の警官」で新垣結衣は、警察庁刑事局捜査第一課NPSの新隊員「林イルマ」を演じている。
新垣結衣が演じる「林イルマ」は、NPSの中で唯一の女性隊員である。

初のスナイパー役で、撮影1ヵ月前からアクションの特訓を受けていたそうだ。
新垣結衣のほんわかとしたイメージを覆す役であったし、女優として、また一歩前進したドラマだったのではないだろうか。

新垣結衣は、ドラマ「S-最後の警官」の初スナイパー役について
「楽しいです。女性スナイパーという役柄はこれまであまりなかったようなので、せっかくだからかっこよくみせたいし、なるべくリアルに近いものをお見せできるよう頑張ります」と、インタビューで答えている。

声のトーンも低め、ちょっと冷めたような口ぶり。

この役になりきろうとしている彼女のひたむきさが伝わってくるのだが、見ていてどこかしっくりこないような気がするのは私だけだろうか。

原作は可愛い女性、それに比べて「新垣結衣は大人過ぎる」と、いう声もあったようだ。

こういうことはよくある話。

原作通りの女優を見つけるのは難しい。

新垣結衣が出演したドラマ「S-最後の警官」の初回視聴率は18.9%。
その後、15.2%、 16.1%、 12.9%とどんどん下がっていき、最低は8話の11.2%。
平均視聴率は14.2%であった。