市川由衣をたっぷり堪能できるドラマトップ5!

市川由衣とは

読者モデル・グラビアアイドル・歌手活動をし、現在は女優として活躍している市川由衣さん。

2001年に女優デビューし、ヒロインだけでなく脇役・キーパーソン・ゲストとしても多くの役を演じてきた。名前は知らなくても、顔は「見たことある!」という人もたくさんいるだろう。

今までは可愛い笑顔で清純なイメージを抱かれることも多かったが、最近ではその清純なイメージの殻を破り、可愛いだけではなく大人の色気を漂わせる役が増えている。

2014年には映画で大胆な、そして妖艶な姿を演じに大きな反響があった。グラビアの時とも違う大胆な姿に、ビックリした方も多いのではないだろうか。

その映画後に演技がさらによくなったと言われていることから、女優として新境地を開き、何か大きなものを得たようだ。

2015年9月に俳優で演出家の戸次重幸さんと電撃結婚し世間を驚かせた。温かい祝福の声が多かったところは2人の好感度の高さが窺える。

公私ともに順調である市川由衣さん、今後さらに魅力的な女優になるだろう。

そんな市川由衣をたっぷり堪能できるドラマトップ5を紹介する。

5位:クロサギ 2006年(三島ゆかり役)

詐欺師を騙し返す詐欺師(通称クロサギ)を描いた漫画原作のドラマである。

市川由衣はヒロイン氷柱の友達、大学生の三島ゆかりを演じた。

助けてくれた人に惹かれるなんて経験をしたことある人もいるだろう。三島ゆかりも助けてくれた黒崎に恋心を抱いたのである。恋しているゆかりはとても可愛い。好き好きオーラ全開だ。

だが、氷柱も黒崎に同じ思いを向けていることに気づいてからは、市川由衣の清純なイメージとはちがい女の怖さを見事に表現した。

自分のものにならないのならと黒崎の情報を警察に流し逮捕させるという行動にはビックリしたものだ。

自分のことばかりで、相手の気持ちも考えず突っ走ってしまった…と反省するも、修行して出直してくるというゆかりの真っすぐさはやはり可愛いと思ってしまうドラマなのである。

4位:H2~君といた日々 2005年(雨宮ひかり役)

市川由衣

原作の漫画はあだち充最高の野球漫画だと言われるほど熱いファンが多い作品を実写ドラマ化。

このドラマで市川由衣は主人公の比呂と野田の幼馴染、しっかり者のお姉さんタイプ雨宮ひかりを演じている。

比呂と英雄の間で揺れ動く気持ちに、どうなるんだろうとドキドキしていたのは私だけではないだろう。

特に最終回の比呂vs英雄の打席を見つめるひかりのクールなようで熱く複雑さを含む視線に、いつもの市川由衣の笑顔とのギャップにドキドキした。

そして決着がついた時に瞳から溢れた涙には一緒に涙腺を弛ませた人が多いはずだ。