天海祐希が出演したドラマの視聴率ランキングトップ5!

天海祐希とは

「理想の上司」ランキングで6年連続1位に輝くなど、カッコイイ女性の象徴となっている女優・天海祐希。
外見の美しさだけでなく、常に自然体で飾らない人柄が多くの女性から支持を集めている。
私も大好きな女優の1人である。

そんな天海祐希の代名詞と言えば、やはり「デキる女」。
これまで出演した多くの作品でクールでカッコイイ「ハンサムウーマン」を演じており、それが見事にハマっている。
特に「仕事はデキるけど、私生活(恋愛)はダメ」という役を演じさせたらピカイチである。

また、コミカルとシリアスを上手く使い分けることが出来る女優でもある。
ドラマの中で見せるテンポの良い掛け合いは、さすがと言ったところだろう。

しかし、最近はややイメージが固定されすぎているような気もする。
「正義の味方」が一番似合っているのは言うまでもないが、私個人としては今までのイメージを覆すようなとんでもない悪役も見てみたい。
かつて「女王の教室」で冷酷な教師を演じて話題になったように、またインパクトのある役を演じて欲しいと思う。

ちなみに、天海祐希は2004年頃から毎年1本ペースで連続ドラマの主演を務めており、「視聴率が取れる女優」としても知られている。
この秋に主演したドラマ「偽装の夫婦」でも、ドラマ全体の視聴率が低迷している中で平均視聴率12.1%を獲得し、実力を見せつけている。

そこで今回は天海祐希がこれまでに出演したドラマの視聴率をランキング形式で5つ紹介しよう。
まだ観ていない作品があれば要チェックである。

5位:「離婚弁護士」「離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~」

「離婚弁護士」は2004年4月期と2005年4月期にフジテレビ系で放送された天海祐希主演のドラマである。
業界大手の法律事務所で渉外弁護士(外国企業との取り引きなどに関連した案件を扱う国際弁護士)として働いていた間宮貴子(天海祐希)が、独立を機に前の事務所から嫌がらせを受け、離婚・相続・セクハラなどのいわゆる「しょぼい案件」しか扱うことが出来なくなってしまったが、そのことで弁護士として忘れていた大切なことに気付いていくというストーリー。

2004年4月期に放送された第1弾では平均視聴率13.7%を記録。
そして、2005年4月期に放送された第2弾「離婚弁護士Ⅱ~ハンサムウーマン~」も平均視聴率13.2%を記録した。

この作品で天海祐希は勝気な性格の敏腕弁護士を好演。
「天海祐希=デキる女」というイメージを世間に植え付けた。
パリっとしたスーツを着こなし、肩で風を切りながら颯爽と歩いている姿がなんともカッコよく、ズバズバした物言いも男前で、見ていて清々しい気持ちになる。
「ハンサムウーマン」という言葉がぴったりである。

「デキる女」を演じる女優といえば篠原涼子や米倉涼子、最近では吉田羊なども名前が上がる。
しかし、「クールでカッコイイ女」をコミカルに演じさせたら、天海祐希の右に出るものはいないと思っている。

ちなみに、「離婚弁護士」シリーズは出演者のキャラクターも濃く、1話完結型なのでストーリー展開もスピーディで面白い。
全話録画して繰り返し見てしまうほど、私も大好きな作品である。