仲間由紀恵が出演したドラマの視聴率ランキングトップ5!

仲間由紀恵とは

仲間由紀恵は1994年に女優デビューして以来、数多くのドラマ・映画・舞台で様々な役を演じてきた。

代表作といえば「TRICK」や「ごくせん」を思い浮かべる人が多いと思う。コミカルで可愛らしい女性の役のイメージが強いのではないだろうか。

「TRICK」は連続ドラマで3シーズン、単発SPドラマ、映画化もされ人気作品となった。自称マジシャンの奈緒子と大学教授の上田が超常現象の事件を解決していくのだが、深夜ドラマのノリが多く全体的にコメディ要素で小ネタもいろんなシーンにさりげなく盛り込まれていた。ストーリーだけでなく、そういう小ネタを見つけるのも楽しい作品である。矢部警部にスポットを当てたスピンオフも作成されるほど人気だ。落ち着いた女性という仲間由紀恵のイメージを大きく変えた作品にもなった。

他にも「美しい隣人」「サキ」では悪女を演じ、その言動に震撼した人も多いのではないだろうか。今では年に1本は主演ドラマが放送される人気の女優になった。仲間由紀恵の魅力が詰まった作品はたくさんあるが、今回は仲間由紀恵が出演したドラマの視聴率ランキングトップ5として紹介する。

5位:神様、もう少しだけ 22.5%

1998年 7月~9月にフジテレビ系で放送された。

出演:金城武、深田恭子、加藤晴彦、矢沢心、仲間由紀恵、宮沢りえ 他

売春でHIV感染した女子高生とスランプの音楽プロデューサーを中心に命の大切さ、愛、HIV感染者にも感染=死の宣告ということだけではなく希望もあるという思いを描いた作品である。

うんざりしていた毎日が、一変してたくさんの大切なことに気づいた。多くの人が涙しながら最終回までドキドキしながら観ていただろう。

基本的にHIVが含まれた体液が粘膜に接触した時に感染するこの病気。誤解されていることも多かったが、そんな間違えた知識を正しく教えてくれた。

仲間由紀恵は啓吾の手がけている歌手「瀧村カヲル」を演じている。

このドラマで仲間由紀恵の名を知れ渡らせるきっかけになった作品とも言われた。