元祖歌姫!中森明菜のおすすめ名曲ランキング30選!

3位:「駅」

駅
https://www.amazon.co.jp

1986年 アルバム「CRIMSON」収録曲。竹内まりやさん作詞作曲。後に、大ヒットした竹内まりやさんのセルフカバーアルバム『REQUEST』に収録。中森明菜さんと竹内まりやさんでは歌詞の解釈が違うと言われ、夫である山下達郎が怒り、カバーさせたとも言われる。

過去の恋を前向きに捉えるように歌う竹内まりやさんの「駅」と対照的に、中森明菜さんの「駅」はツラく、悲しい気持ちをぶつけられるような歌唱だ。当時、中森明菜さんが21歳という若さだったことを考えると、聴いている側の心を締め付けるような歌唱はすごい。

2位:「1/2の神話」

1/2の神話
https://www.amazon.co.jp

1983年発売のシングル曲。「そして僕は途方に暮れる」のヒットで知られる大沢誉志幸作曲。大沢誉志幸も後にカバー。吉川晃司に提供した「ラ・ヴィアンローズ」をカップリングにして発売。この曲の中森明菜さんもまだツッパリ路線。迫力のある歌い方がカッコいい!

1位:中森明菜のおなじみのヒット曲「飾りじゃないのよ涙は」

飾りじゃないのよ涙は
https://www.amazon.co.jp

1984年発売のシングル曲。井上陽水が作詞作曲で、本人も後にカバー。当時の中森明菜さんのイメージにもピッタリ。♪私は泣いたことがない…と始まる歌詞もとても印象的だった。カラオケで歌う人も多いのでは?

【みんなに読まれてます】