実はタバコを吸っているプロ野球選手トップ5!

4位:喫煙プロ野球選手、糸井嘉男!

タバコを吸っているプロ野球選手、次に紹介するのは、オリックス・バッファローズの糸井嘉男だ。

近畿大学のエースピッチャーとして活躍していた彼は、2003年に日本ハムに入団。

当初は故障や成績不振が響き、期待外れと称されていたが、コーチのアドバイスにより外野手に転向してから、徐々にその隠された力を発揮しはじめ、2009年にはゴールデンクラブ賞を受賞。

更にはWBC日本代表の候補に入るほどの実力の高さを見せつけた。

現在はオリックス・バッファローズのエースとして活躍を続けている。

そんな彼、不振に陥っていた原因として、喫煙による運動能力の低下が囁かれていた。

タバコを吸っていることが本当に原因であったかは定かではないが、現在でもファンから「キャビンマイルドのパッケージを片手にウロウロしていた」

などとの目撃情報がある辺り、現在でも喫煙は続けているようだ。