中国はなぜ美人が多い?整形?中国人の綺麗な女優トップ5!

3位:日本の芸能界にも進出した綺麗な女優 アンジェラ・ベイビー

3位:アンジェラベイビー

アンジェラ・ベイビーは1989年2月28日上海で生まれた。

父方の祖父がドイツ人なので彼女はクォーター。

2004年に芸能界デビューし、美しすぎるモデルをして人気になり女優に転身、中国では“なりたい顔”として注目を集めたパーフェクトフェイスの美人女優である。

2010年に映画に初主演したことがきっかけで台湾版『ヴォーグ』や『i-d』『ニューヨーク・タイムズ』などの国際的な雑誌にモデルとして起用されるようになる。

2009年からは日本の芸能事務所と契約して日本での活動も本格化させている。プライベートでは、映画『全城熱恋』で共演した中国人俳優ホアン・シャオミンと2015年に結婚している。推定38億円の豪華結婚式を挙げたことでも話題になった。

あまりにも端正な顔をしていることから、整形のウワサが絶えず疑惑を晴らすために両親の若い頃の顔写真を発表したこともあった。

父はドイツ人と香港人のハーフでとても端正な顔立ち、若い頃の母は彼女と口元がそっくり。

幼い頃から父親似のはっきりした顔立ちで、現在の面影がある。美人は整形を疑われることも仕方ないことかもしれない。

真相は分からないが、整形はウワサにすぎないのではないか。

2位:演技力が高評価される美人女優 ジョウ・シュン(周迅)

2位:ジョウ・シュン

演技力が高く評価される美人女優のジョウ・シュンは、スカウトがきっかけで芸能界入り。

1974年10月18日生まれで中国浙江省衢州出身である。

1991年に絵映画デビューし、1996年チェン・カイコー監督の『花の影』や『始皇帝暗殺』やテレビドラマにも次々出演し、中国でも広くその名が知られるようになった。

主な主演作品は『ふたりの人魚(1998年)』、『ハリウッド★ホンコン(2000年)』『小さな中国のお針子(2001年)』などがある。

『ふたりの人魚』では2000年のパリ国際映画祭の主演女優賞を受賞し、2012年にはハリウッド映画『クラウドアトラス』に初出演した。

私生活では2014年米ドラマ「CSI:科学捜査班」などに出演した米華人俳優のアーチー・カオ(高聖遠)と結婚している。デビュー当時から美しい顔立ちで人気があり、ツバキのような女性だと形容されたこともあるほどだ。彼女はチャン・ツィイーと同じく中国の芸能界では「確実に整形をしていない美人女優」として評価されている。

40代になって一層演技に円熟味を増した彼女の今後の活躍が楽しみである。

1位:中国一の美人女優といわれる ファン・ビンビン(范冰冰)

ファン・ビンビン

中国一の美人女優といわれるファン・ビンビン。1981年生まれで中国山東省青島市出身である。

中国と台湾で共同制作されたドラマ『還珠姫〜プリンセスのつくりかた〜』はマレーシア、タイ、シンガポール、日本、ロシアなどアジアを中心に広く放送され一躍脚光を浴びることになる。

2006年の日中合作映画『墨攻』に出演したことで日本でも広く知られるようになった。2016年には彼女が主演した中国宮廷ドラマ「武則天-The Empress-」が日本でも放送された。

また、2010年−2011年に放送されたサントリーウーロン茶のCMでは、彼女の美しさはもちろん、豪快な飲みっぷや、食べっぷりが話題になったので、記憶されている方も多いのではないだろうか。

テレビプロデューサーや歌手、会社経営者としてもマルチに活動している彼女は、2015年米フォーブス誌が発表した「世界一高収入の女性スターリスト」では4位にランクインしている。

美しすぎることから整形疑惑を報じられたりもしたが、すっぴん画像を公表して本人はきっぱりと否定している。

スッピンの画像は普段のメイクが濃いため“農村の女性”のようだとの感想もあるが、顔立ちや肌は間違いなく美しい。