美人で有名な囲碁女流棋士ランキングトップ5!

3位:美人女流囲碁棋士、梅沢由香里!

2000年代の囲碁ブームの際、梅沢由香里の名前を知った人は多いのではないだろうか。

彼女が囲碁の道に目覚めたのは、なんと6歳の頃。

当時から美人だったと言われている。

プロ入りは22歳、美人女流囲碁棋士として一躍人気ものとなり、NHKの番組でも人気者となった。

そんな彼女の名前を一躍有名にしたのは、囲碁を題材にした少年マンガ『ヒカルの碁』の1コーナーにおいて、囲碁のルール解説者として出演したこと。

そのため、ある一定の世代における知名度は、非常に高いと言われている。

ネットにおいては「ゆかりさん」の名で親しまれている彼女、まだまだ、活躍途上だ。

2位:美人女流囲碁棋士、王景怡!

読み方は「オウケイワン」台湾の実力派棋士、王立誠九段の娘である。

その父親ゆずりのスタイルはかなり手ごわいらしく、法政大学時代は何人もの男性棋士を打ち負かしてきたと言われている。

そんな彼女は現在二段。

29歳という年齢にして、この段位はすごい。

その実力のすごさがうかがえるだろう。

加えて、彼女は非常に顔立ちが整っており、その点においても、男性ファンを引き寄せる力があるのではないだろうか。

次なる囲碁ブームの火付け役となるのは、ひょっとして彼女かもしれない。

1位:最注目の美人囲碁女流棋士、宮本千春!

現在もっとも注目すべき若手美人女流囲碁棋士と言われれば、やはり宮本千春だろう。

現在21歳の宮本千春は、現在初段。

その実力は、日本の本格的な囲碁棋士養成施設である緑星学園で常に好成績であったと言われているほどで、かなりの潜在能力を秘めていると思われる。

メガネが印象的、幼い顔立ちながらも落ち着いた美人といった外見とは裏腹に、多数のライバルに打ち勝ってきた彼女。

棋士としてはまだまだいっぱしちょっと前程度だが、今後ますます伸びていくことは確実であろう。

宮本千春の名前は、是非とも覚えておくべきである。