世界の美人バレーボール選手ランキングトップ10!

6位:クリスティン・ヒルデブランド

クリスティン・ヒルデブランド

 

クリスティン・ヒルデブランド選手はアメリカ合衆国バレーボールの代表選手。

1985年生まれでアメリカのユタ州出身、身長は185cm、ポジションはウイングスパイカー。

アメリカ代表チームの主将を務め、2014年の世界選手権では金メダルを獲得した。

2015年からはポーランドのチームに所属している。

彼女は笑顔の素敵なチャーミングな美人選手である。

すでに結婚して、夫は同じくアメリカのバレーボール選手のタイラー・ヒルデブランド氏である。

5位:木村沙織

日本中の女子バレーボールファンを魅了してやまない木村沙織選手。絶対エースの上にキャプテンまで務め上げる彼女に、メロメロの男性も多いのではないだろうか。

そんな木村選手は、実は天然キャラというギャップも魅力的。また、イタズラをするのが好きで、しょっちゅう他の選手にイタズラをしているのだとか。パワフル加奈で有名な、大山加奈元選手にこっそり近づいて左右の靴紐を結んだことも。下手したら大怪我していたかもしれないことを平気でやってしまうところも魅力なのだろう。

そんなお茶目な一面もあるが、実力は本物だ。17歳で全日本の選手に選ばれ「スーパー高校生」と呼ばれていた。一番年下だった頃から世代交代があり、どんどん後輩も入ってくると、次第にチームのエースへと成長していく。そしてキャプテンに選抜され、チームを引っ張っていく存在に。

そんなバレーボールをしている時と、普段のギャップが可愛らしい木村選手が美女ランキング5位に。

4位:マルガレーテ・アンナ・コズーフ

ハンブルグ出身のバレーボールドイツ代表選手のキャプテンでもあるマルガレーテ選手。両親はポーランド人だが、彼女はドイツで生まれ育ったことから、ドイツ代表として戦うことを決意。

1986年10月30日生まれの28歳、身長は187cm。2005年にドイツ代表に選ばれ、2006年に世界選手権に出場した。この愛くるしい笑顔とは想像もつかないほど強烈なサーブとバックアタック能力で、2009年ワールドグランプリで7年ぶりのメダル獲得に貢献。2009年欧州選手権にベストスコアラー賞、2011年ヨーロッパ選手権でベストスパイカー賞受賞などに選ばれる。2010年のワールドグランプリでは、予選までベストスコアラーだったのだが、残念ながら決勝に進むことが出来ずベストスコアラー賞を逃してしまう。

笑顔がとても素敵で、実力も兼ね備えているマルガレーテ選手を、バレーボールの美女ランキングの4位に選ばせていただいた。