年齢なんて関係ない!芸能人美魔女ランキングトップ5!

第2位:森高千里

芸能人美魔女ランキングで第2位の森高千里は、1969年4月11日生まれ、大阪府茨木市出身のO型。
実父はロカビリーバンド「オレンジ・ヒル」で活動していた森高茂一、夫は俳優の江口洋介、一男一女の母でもある。

芸能人美魔女ランキングで第2位の森高千里は、1986年、大塚製薬の「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞。
1987年春、東宝映画『あいつに恋して』にヒロイン・松前千里役で出演、同年5月25日に同映画の主題歌「NEW SEASON」で歌手デビューする。

芸能人美魔女ランキングで第2位の森高千里は、1989年、かつて南沙織が歌っていた「17才」をリメイク。
ミニスカートで、美脚を披露している。
当時、この美脚には多額の保険が掛けられていた。その金額は驚きの「「1億円」!だったというのは有名な話である。

また、彼女の書く歌詞は独特の世界観があり、「私がオバさんになっても」は大ヒット!女性たちから絶大な人気を得た。
最近本人出演のビールCMでは、かつてのヒット曲「気分爽快」が流れている。

芸能人美魔女ランキングで第2位の森高千里は、現在春の新番組「水曜音楽祭」で初司会を務めている。今でもミニスカート&

いまでも、テレビに出演するときはミニスカートを履き、その美脚ぶりは変わらない。
40代後半とは思えない若さを保っていることから、森高千里を芸能人美魔女ランキングで第2位とした。