顎が長いことで有名な芸能人トップ10!

3位:顎長さは5㎝!? たんぽぽ ”白鳥 久美子”

女芸人である彼女は、顎が長いことで有名だ。

幼いころは、顎の長さが平均だったため、自分で自分を「宮沢えりに似ている」と自負していたそうだが、成人式の際、晴れ着姿を祖母に見せたところ「なんだ、おめぇ顔なげぇーーな!!」と言われてしまうなど…顎にまつわる秀逸なエピソードも多数存在する。

最近では、テレビ番組の企画で顔の長さを計測したところ、約5㎝という長さに自身でも「そんなに!?」と驚いていた様子。

そんな白鳥だが、明るくはつらつとしたキャラクターが人気を呼び「あごが長くてもカワイイ!」「元気を分けてもらえる」と、好感度も高い。

今ではチャームポイントとして、自分の顔の形を「ペリカン」「ナン」「ばかうけ」(お菓子)などと形容したネタを披露し、さらに人気を集めているようだ。

2位:顎の長さと滑舌の悪さで人気者に! ”諸見里 大介”

沖縄県出身のお笑い芸人で、雨上がり決死隊の人気トーク番組「アメトーーク!」で「滑舌悪い芸人」に出演し、一躍人気者となった。

そんな諸見里だが、滑舌の悪さもさることながら、顎の長さでも注目を集めている。

感謝祭企画のトークの際「僕は沖縄にいるときは「アゴ」とか「しゃくれ」とか呼ばれてましたが、大阪では「あれ、フランスパンくわえてんの?」とか言われるんです。するとこっちも「いやいや、これはアゴでしゅよ」と返せるので、そこに笑いが生まれるわけでしゅね」と、顎の長さを笑いに変えるエピソードを語っている。

1位:「顎」といえば、やっぱりこの人! ”アントニオ 猪木”

日本プロレス界の生きる伝説!「元気があればなんでもできる!1、2、3、ダーーー!!」で有名なアントニオ猪木。

顎が長いことで有名な芸能人といえば、やはりこのお方である。

当時、抜群の存在感で日本プロレス界を盛り上げていたアントニオ猪木だが、実は長い顎に劣等感を持ち「顎がどんどん伸びているのではないか」と医者の診察を受けにいったことがあるそうだ。

その際、医者に「あなたのような人気商売では、一目で覚えてもらえる顔は財産なのだけど」と言われたおかげで、その後、容姿に劣等感を持つことが無くなったという意外なエピソードもある。