これはやばい!台湾の可愛いすぎる芸能人トップ5!

台湾の女性がかわいい理由

いかがだろうか?

台湾の女性のかわいさを実感していただけたことだろう。

台湾人女性のかわいさには、こんな理由があると言われている。

1:日本人に顔立ちが近いから

日本と台湾は距離も近く、顔立ちも似通っているので親近感がわく。

しかし、やはり違う部分もあるので、魅力を感じるのではないかという意見。

2:日本より化粧をする文化がないから

台湾には、もともと日本ほどばっちりメイクする文化がないそう。

だから、飾らないかわいさが滲みでているという意見。

3:歴史上の出来事が関係しているから

昔、中国から蒋介石らが台湾に移った際に、多くの中国人美女を連れてきたそう。

また、日本人の植民地でもあったなど、いろいろな血が混ざった結果、美人が多くなったという説。

ハーフに美人が多いように、血が混ざると容姿が美しくなるのかもしれない!?

理由についての真相はわからないが、これからはぜひ台湾人女性に注目していただきたい。

3位:キュートな歌姫、レイニー・ヤン

楊丞琳(レイニー・ヤン、ヤン・チェンリン)は台湾を中心として香港や中国などでも活動している歌手・女優である。

彼女は2000年に「4 in Love」という女性グループで芸能界デビューしている。

このグループは2002年に解散しているので現在はソロある。

彼女は「前世は日本人」だとコメントするほど日本が好きであり、安室奈美恵や宇多田ヒカル、V6の三宅健のファンだという。

なお、日本でもデビューを果たしている。

“可愛教主(かわいい教主)”と呼ばれる彼女の魅力はキュートなルックスとあか抜けた性格。

テレビでも変顔を披露してしまうような彼女はとても表情が豊かで、素直に「かわいい」と思える。

また、彼女には“Rainie sunny days”という日本の公式ブログがあり文も日本語で書かれているので、気になる人はチェックしてみてはいかがだろうか。

レイニー・ヤンオフィシャルブログ「Rainie sunny days

2位:世界美女ランキング13位、ツウィ

2位は韓国の女性アイドルグループ「TWICE」の一員、周子瑜(チョウ・ツウィ)だ。

「TWICE」は韓国のグループだが、ツウィは台湾生まれであり、同グループには3人の日本人も所属している。

このグループは2015年にデビューをしたのだが、ツウィはデビューしてすぐ大きな注目を浴びることになる。

なんと、デビューから2か月後、世界美女ランキングの13位にランクインしたのだ!

ちなみに同年、日本からは19位に石原さとみ、31位に桐谷美玲、74位に島崎遥香、84位に佐々木希がランクインしている。

この顔ぶれを見ると、よりすごさがわかるだろう。

その美貌はファンの中でも「女神すぎる!」と言われるほど。

納得のかわいさである。

これからも彼女やTWICEの活躍に注目していきたい。

1位:衰えを知らぬ美しさ、ビビアン・スー

第1位は徐 若瑄(シュー・ルオシュエン、ビビアン・スー)である。

ビビアン・スーも知っている人が多い台湾出身の芸能人の一人だろう。

ビビアン・スーは、台湾・日本・中国を拠点に女優や歌手として活動している。

日本では過去に「ウッチャンナンチャンのウリナリ‼」というバラエティー番組にレギュラー出演しており、その存在が広く知られることとなった。

また、紅白歌合戦にも出場経験があり、日本人にとっては身近に感じられるタレントである。

ビビアン・スーは現在41歳で、昨年第一子を出産している。

今は子育てに奮闘中であるようで、ブログには子どもと一緒に写った微笑ましい写真がいくつも掲載されており、見ているこちら側も幸せな気分になれる。

その写真からは、女優としての美しさとは違う、幸せそうな母のかわいい笑顔がうかがえる。

それにしても、出産を経ても変わらぬ彼女の美しさには驚きである。