癌が理由で若くして亡くなった芸能人トップ5!

4位:忌野清志郎、若くして癌により死去

忌野清志郎の死は、多くの人々に衝撃を与えた。

1970年、シングル『宝くじは買わない』で突如デビューした忌野清志郎は、その破天荒なキャラクターによって一般人のみならず、同業のミュージシャン達からも幅広い人気を獲得した。

55歳の頃、喉頭癌を発症した彼は治療のために声帯を切除することを拒み、歌うことを止めなかった。

そして58歳、癌性リンパ管症により、58歳というあまりにも早すぎる死を迎えた。

58歳という現代の日本人においては非常に短い一生であったが、風のように駆け抜けた彼の人生は、今も多くの人々の記憶に遺されている。