癌が理由で若くして亡くなった芸能人トップ5!

3位:乳癌により若くしてこの世を去った川村カオリ

医療が発達した2015年においても、乳癌は多くの女性を苦しめ続けている。

38歳の若さでこの世を去った川村カオリも、その一人だった。

ロシア人のハーフであった川村カオリは、幼き頃から謂れなき差別を受け続けた。

その苦しい人生経験を元にした歌「ZOO」が大ヒットとなり、彼女は一躍スターダムへと駆けあがった。

順風満帆かに思えた芸能人人生であったが、2004年に乳癌を発症、左乳房の切除により一時は持ち直すが、2008年に再発、闘病生活もむなしく同年7月にこの世を去った。

乳癌さえなければ、彼女はまだまだ輝き続けていただろう。

惜しまれることである。