うつ病を克服した芸能人トップ5!

3位:「木の実 ナナ」さん

あぶない刑事で頼もしい署長役を演じた「木の実 ナナ」さん。

いつも元気ではつらつとした印象の木の実 ナナさんは、68歳。主に舞台で活躍する姿はいつまでも若々しく、そんなお歳には見えない。

46歳の時に、更年期うつ病だと診断された。

更年期の症状はうつ病の症状に似ていて紛らわしいこともある。バスを見ただけでイラついたこともあったそうだ。理由も無くイライラするのは、うつ病の特徴だという。

ずっと苦しんでいることに、心療内科医であるファンの方が気づいてくれ、治療が始まる。

うつ病になって7年目の2000年に、新聞広告で[私は、バリバリの「鬱」です]とカミングアウト。とても勇気のいることだ。

薬の服用を続け、長い間のつらい症状から回復された木の実 ナナさん。

先のお楽しみとしては、2016年のお正月に公開予定の[さらば あぶない刑事]で、頼もしい笑顔が再び見られるだろう。