女医は結婚できない?恋が実らない理由や対策10選!

3位:女医が選ぶ結婚相手、公務員
国会議事堂

結婚相手に公務員を選ぶケースも多い。その理由としては、金銭面で同じ感覚。要は収入が安定し多いからだ。なので、公務員といっても都道府県議会議員や市議会議員、警察官と収入の多い職業を望む傾向にある。知性のある人を好むともいえるようだ。

2位:女医の婚活事情。結婚するために気をつけること
カップル

女医の結婚。さほど難しくないようにも感じていたが、実はすごく大変で本人たちからすると結婚のタイミングを逃すと、次のチャンスはいつになるかわからないと考えている女性も多いようだ。

しかしながら、結婚を望むのであれば、今後も継続して取り組まなければならない。では、今後どのように婚活に取り組めばいいのだろうか。

まずは、医療現場でのストレスをためすぎないことだ。現場でのストレスは恋愛力の低下を招く。女性の恋愛・結婚と確信に近づく時期は主に25歳といわれている。そのもっとも重要な時期に、女医は研修生として常にストレスにさらされている。

病気やけがを抱えた患者を前に、絶えず集中力と判断力を要求される。医療現場では恋愛のドキドキ感や初々しさを脳から奪ってしまう。こういった環境から、結婚時期を逃し、その間友人等周りの人は続々と結婚することで女医はお一人様街道をまっしぐらというケースも多い。

一般男性や同僚の医師と結婚したいと願っても、相手からの印象もある。そんなストレスとプレッシャーにさらされながらも結婚したいと思うなら、そのストレスやプレッシャーを溜めすぎず、それはそれとして割り切って考え婚活に取り組むことが必要である。

1位:若くてかわいい看護師には負けない気持ちが大切

白い歯

同じ医師の間で結婚を望むのであれば、ライバルとなるのは、若くかわいい女性看護師だ。女性看護師は、学歴や年収の面では女医には劣るだろう。しかし、医師との結婚となると男性医師はこういった若い子に目を奪われることは多い。

若くてかわいく、仕事やプライベートで自分を立ててくれる看護師。そんな女性に興味を抱いてしまうのは仕方ないことだろう。しかも、近年では数こそ少ないが、知的美人の看護師も多い。仕事柄、医師とのコミュニケーションの場も多い看護師は、女医にとって油断ならないライバルだろう。

だからといって、負けるかもしれないと弱気になってはいけない。女医には看護師には無い、知的な部分やサポート、もちろん年収だってある。お互いの大変なことも女医の方が、同じ医師として分かる部分も多いだろう。若い看護師にはできないサポートもあるだろう。絶対に若い人には負けないと思う気持ちが大切だ。

【みんなに読まれてます】