複雑な生い立ちを乗り越えた芸能人ランキングトップ5!

1位:明石家さんま

お笑い界のトップに君臨する明石家さんまさん。

いつもあの特徴的な笑い方で明るく活動しているが、育った家庭は意外にも複雑だったという。

実母は3歳のときに病死しており、その後父が再婚して継母ができる。

兄妹は兄と、継母の連れ子だった弟がいたが、弟が高校生の頃に火事で亡くなってしまう。

さんまさんの名言のようにもなっている「生きてるだけで丸儲け」という言葉にぐんと重みが増すような過去に衝撃を受けた人も多いだろう。

現在テレビでもしゃべり続けるさんまさんのキャラクターのルーツは継母との関係にあった。

継母はさんまさんを常にいないかのように無視して生活していたようで、あまりに無視されるので、さんまさんはいつか笑わせてやろうと意地になっていつも話かけ続けていたという。

この経験は自身の結婚生活にも影響を与え、大竹しのぶの連れ子であるにちかさんを自分の実子であるいまるさんよりも可愛がっていた。

お笑い芸人には強烈な過去を持つ人が多くいるが、そうした複雑な経験を笑いに変えたり、人は笑っている方が幸せというような強い気持ちが生まれるきっかけになっているのかもしれない。