プロ野球、ベイスターズの歴代最強助っ人外国人トップ5!

4位:トニー・ブランコ

まずドラゴンズファンの方に謝っておきたい。
ブランコ選手は「中日ドラゴンズ」のランキングに入れるべきか「横浜ベイスターズ」のランキングに入れるべきかを最後まで迷った。
在籍年数はドラゴンズの方が長く、横浜ベイスターズの2年目は不本意なシーズンを送った為、ベイスターズのランキングに入れている事に異論があるかもしれない。しかし、2013年にブランコ選手がベイスターズで記録した、打率.333、41本塁打、136打点は、いすれもブランコ選手自身の自己最高記録であり、彼自身初の首位打者・打点王の2冠に輝いた為、こちらにランキングさせている。
「ホームランか三振かというバッターだ」「守備が荒い」などの批判があろうが、それを補って余りあるパワーがあり、得点圏に走者を置いた時は、コンパクトな打撃を見せるなどの器用さも持つ「最強助っ人外国人」に挙げるのにふさわしい選手である。