北海道日本ハムファイターズの歴代最強助っ人外国人トップ5!

2位:ナイジェル・ウィルソン

1997年に来日するとホームランを量産。同年の6月21日の近鉄戦には王貞治以来の1試合4打席連続本塁打を放つ。
最終的にこの年37本の本塁打を放ち、本塁打王に輝く。1年間の経験を得て翌1998年にはさらに活躍する。
33本塁打、124打点を挙げて本塁打と打点の2冠王に輝き、ベストナインにも選出された。
ちなみに来日してから2年連続で本塁打王を獲得した外国人助っ人はウィルソン選手が初めてである。
翌1999年は、シーズン開幕直後にひざを故障しリタイア。このまま解雇…とならずに残留となると2000年シーズンは復活を遂げ、打率は来日以来最高の.294、37本塁打、89打点を挙げる。2001年にまたも怪我をし、ファイターズを退団。
2002年は近鉄に移籍するがファイターズ時代の輝きは取り戻せなかった。