プロ野球、阪神タイガースの歴代最強助っ人外国人トップ5!

1位:ランディ・バース

阪神タイガースの最強の外国人助っ人と言えば、やはりこの人だろう。
掛布、岡田と共に「バックスクリーン3連発」を記録した1985年には3冠王に輝き、チームも日本一に大きく貢献。
「神様」とファンに言わしめた伝説的な助っ人、それがランディ・バース選手だ。

ちなみにその1985年にバースは通産54本の本塁打を打っているが、54本目の本塁打を放った時点で残り2試合。
しかもその2試合とも巨人戦。当時の巨人の監督、王貞治が持っていた日本記録を抜かすまいとして、江川卓以外の巨人の投手陣が、捕手を座らせたままの「事実上の敬遠」をし続けた事は大きな社会問題となった。
(バットに届く所に投げるというコントロールミス?をした斉藤雅樹投手からバースはセンター前ヒットを1本打っている)
後に王貞治氏は「自分は敬遠を指示しなかった」と言い、当時巨人に在籍したカムストック投手は、「バースにストライクを投げると罰金を取られた」とこの年のシーズン終盤の事を振り返っている。
2人の言葉が両方とも真実だとするならば、王監督以外のコーチの誰かが敬遠を指示したと見られる。
ちなみに外国人助っ人としてセリーグのホームラン王になったのは、バースが初めてである。

翌年には2度目の三冠王に輝き、シーズン打率の日本記録(.389)を達成した。
1983年~1988年までタイガースに在籍したが、難病を抱えた息子の対応を巡って対立、シーズン半ばで解雇となる。
この事が影響したのか大黒柱のバースを失って以降、阪神は「暗黒時代」に突入する。
シーズン開幕前、阪神タイガースの新外国人助っ人の事を「バースの再来」と書くことが関西のスポーツ紙で恒例となっている。
記録でも、記憶にも残る選手、正に歴代最強の助っ人外国人である。