プロ野球、ソフトバンクホークス(ダイエー時代含む)の歴代最強助っ人外国人トップ5!

4位:フリオ・ズレータ

ホークスファンにとって忘れられないシーンがある。
2006年10月12日、クライマックスシリーズの第2ステージ敗退が決まった瞬間、ソフトバンクのエース斉藤和巳がマウンドで崩れ落ちた。
その時、斉藤選手の下に真っ先に駆け寄り、泣き崩れる斉藤選手を抱き起こした選手、それがフリオ・ズレータ選手だ。
フリオ・ズレータ選手はロッテにも所属し、サイクルヒットを放つなど活躍したが、やはり彼はホークスの印象が強い。
2003年のシーズン途中でチームに加入すると、長期離脱した小久保裕紀選手の穴を埋める大活躍。
指名打者として持ち前のパワーを生かした特大本塁打を多数放ち、チームのリーグ優勝、日本一に貢献。
阪神との日本シリーズの第1戦でサヨナラヒットを打つなど勝負強さも見せた。
2005年のシーズン途中から守備に不安がある松中信彦に代わって1塁の守備につき、1塁手のベストナインにも選ばれている。
この年の成績、打率.319、43本塁打、99打点はいずれもリーグ2位の好成績である。
2006年にも打率.281、本塁打29本、91打点とまずまずの成績を挙げるが、契約問題でこじれてロッテに移籍する。