プロ野球、ソフトバンクホークス(ダイエー時代含む)の歴代最強助っ人外国人トップ5!

2位:ロドニー・ペドラザ

ホークス最強の外国人クローザー、それがぺトラザ選手だ。
当初は先発要員として獲得したのだが、当時の投手コーチの尾花の進言により、クローザーに転向するとこれが大当たり。
入団した1999年は3勝1敗27セーブ、防御率1.98の成績を挙げて、リーグ優勝、日本一共に胴上げ投手となる。
翌2000年は3勝(4敗)35セーブ、防御率2.15の成績で最優秀救援投手のタイトルを獲得。またもリーグ優勝時の胴上げ投手になる。
他球団から研究されたにもかかわらず、2001年にも4勝(4敗)34セーブ。防御率3.65を挙げて2度目の最優秀救援投手に輝く。
これだけ投げた勤続疲労からか、2002年シーズンは1勝2敗21セーブ、防御率3.30と成績を落としてホークスを退団。
翌年読売ジャイアンツに移籍するものの、衰えは隠せずこの年のシーズン半ばで解雇される。