プロ野球、楽天イーグルスの歴代最強助っ人外国人トップ5!

3位:ケーシー・マギー

2013年、ケーシー・マギーのオープン戦の成績は散々だった。だが、開幕当初からシュアなバッティングを披露し4月を終えた時点での打率は4割を超え。
楽天イーグルスの開幕ダッシュを支えた。シーズン終盤の9月以降に不振に陥った為、最終的な打率は.292と三割を切るが、シーズン通産本塁打数は28本(リーグ2位)。
93打点を記録。高い出塁率を誇る4番打者のジョーンズとのコンビが「打線」として実によくかみ合っていた。
主に「5番サード」として2013年の楽天イーグルスの選手の中で唯一全試合に出場し、パ・リーグのベストナインにも選ばれた。(三塁手部門)
球団史上初の日本一に大きく貢献したマギーだが、家庭の事情により1年限りでメジャーリーグに復帰、マーリンズの正三塁手として好成績を収めている。