実は同性愛者の男性ハリウッドセレブトップ5!

3位:リッキー・マーティン

郷ひろみがカバーした曲がヒットするなど、日本でもこの曲を知らない人はいないであろう「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」を歌うリッキー・マーティン。

アルバム「Ricky Martin Here I Am」は、1700万枚以上のセールスを全世界で売り上げ、日本での売り上げも100万枚以上というメガヒットを飛ばしたプエルトリコ出身の歌手である。

彼は幾度となく同性愛疑惑があがっていたが、熱烈な女性ファンが離れることを恐れ、同性愛者であることを否定し続けていた。

2008年に代理出産にて双子の子供を授かると、その2年後に公式サイトにてゲイであることをカミングアウトした。

自身のセクシャリティを認めることができず、ゲイを憎み苦悩していた時期があることを豪版GQ誌では告白している。