激務で有名な職種ランキングトップ5!

4位:公務員

公務員が第4位。地方公務員の仕事内容は、普段関わる地方の行政機関を思い浮かべてもらいたい。国家公務員にもいろいろあるが、内閣総理大臣をはじめとする国の運営を行う。一応首都東京がメインとなるが、配属先は全国各地にあり転勤もある。消防士や国立学校に勤める教員なども公務員である。

4位とした理由は公務員と言っても、地方公務員と国家公務員でも大きな差があり、勤務する機関によって全く違いひとくちに「公務員は激務」とは言えないからである。

激務と言われている多くの話は国家公務員の話である。国会や法律改正などの担当になれば土日祝日はないに等しい。一般企業とは違い、税金から給与が出る公務員はキャリアとノンキャリアでも差があるが、意外と給与も多くはなく残業代も微々たるものと言われている。

また、国立学校の教師も睡眠時間が取れず、モンスターペアレンツの対応などもあり激務であると言われていて、離職率ワースト1位だというのも納得がいく。