激務で有名な職種ランキングトップ5!

1位:先物取引業

日々動き続ける相場を扱う先物取引業が第1位である。

先物取引業はざっくり言うと未来の価格変動を予想して資産を運用し、利益を作るという仕事である。

完全週休二日というのは名ばかりで、朝早くに出勤して残業も当たり前、加えて営業で動き回り、クレーム対応にも追われる。大物と関わることもあるため、もちろん相手都合に合わせて時間調節する必要があり、休日出勤に加えて接待も多い。当然、有給休暇などは使えない。

体力と高い知識、判断力が求められ、さらには様々な事態への対応力や、コミュニケーション力、営業力も必要とされる。そんなわけで、離職率が非常に高いことでも知られている。

激務ではあるものの、身を削った働きに対して得られるものは大きい。給与は20代で年収数千万円という人もおり、何より業界特有の専門知識が得られる。投資に関する知識は仕事のみならず個人投資にも有益である。社会的地位の高い人達と関わることもあり、人脈作りもできるという人生へのプラスの要素が大きいため、将来のための下地作りのために働く人もいる。

 

►こんな生活あり?!世界を旅する年収1億円ブロガーはこちら!