実は高校野球で大活躍した球児だった芸能人トップ5!

4位:お笑いコンビ「ココリコ」・遠藤章造

続いて紹介するのは、お笑いコンビ・ココリコの遠藤章三。

大の阪神ファンとして知られる遠藤だが、自身も元高校球児である。

遠藤は中学の頃から注目を浴びる選手で、高校野球の名門校からスカウトを受けている。なんと当時最強と言われた大阪・上宮高校を筆頭に7校からスカウトされたのだとか。

しかし、遠藤は地元・大阪の名門校からのスカウトを蹴り、香川県にある寒川高校に野球特待生として入学した。

そして、入学するとすぐにチームの中心選手となり、プロのスカウトが足を運びに来るような目覚ましい活躍をしたが、最後まで甲子園に出場することは叶わなかった。

強豪校が多い地元・大阪より強豪校の少ない香川県の高校に進学して甲子園出場を目指したが、結局夢は叶わなかった。

高校3年の最後の夏、甲子園の切符を逃した時に対戦したのは尽誠学園。元オリックス・谷佳知選手が在籍していた強豪校である。

ちなみに、身長166cmと小柄な遠藤はこのまま野球を辞めるか、大学へ進学してプロを目指すか迷っており、最終打席で「ここでヒットを打てたら大学へ進学する」と決めていたのだとか。

しかし、センターへ強烈なライナーを放ったものの相手チームの選手の好プレーに阻まれ、遠藤はプロへの道を諦めた。

この時に遠藤の打球をダイビングキャッチしたのが、谷選手だったと言われている。