実は高校野球で大活躍した球児だった芸能人トップ5!

1位:日本テレビアナウンサー・上重聡

栄えある第1位に輝いたのは、日本テレビのアナウンサー・上重聡。

小学2年生から野球を始めた上重は、小学・中学時代ともに全国大会優勝を経験している。

その後、野球の強豪校であるPL学園に進学し、エース投手として大活躍した。

上重の活躍で今でも記憶に残っているのは、やはり1998年夏の甲子園である。

春の選抜大会の準決勝で敗北を喫した松坂大輔率いる横浜高校との準々決勝で、延長17回にも及ぶ死闘を繰り広げた。

上重は7回から登板して好投を続けていたが、最後は2アウトから2ランホームランを打たれて敗北を喫した。

ちなみに、相手ピッチャーである松坂大輔はなんと初回から延長17回までを一人で投げ切っている。

その後、上重はスポーツ推薦で立教大学に進学して野球を続け、完全試合を達成するなど大活躍したが、ひじの故障に悩まされ、プロ野球の道を諦めてアナウンサーを目指した。