社内恋愛はきっかけが大事!上司や部下との社内恋愛のきっかけ10選!

社内恋愛

社内恋愛のきっかけ

社会人の恋愛と言えば、多くの人が社内恋愛を想像するだろう。しかし、社内恋愛といってもその過程には、多くの紆余曲折を経て、恋愛へと発展しているのだ。その恋愛のきっかけは、端的なものから複雑なものまで多岐にわたる。

今回は、上司や部下との社内恋愛について、そのきっかけはどんなものがあるのかを探っていく。この情報を知っておけば、もしかするとあなたの周りにも、普段の仕事の付き合いの相手でも、脈ありサインを、している人もいるかも知れない。

【みんなに読まれてます】

10位:社内恋愛にはきっかけ作りが必要。男性上司との恋愛
熊

車内恋愛において、上司との恋愛に発展するケースも少なくない。そのきっかけとしては、研修中や指導の先輩が上司で、その都度話す機会が多くなり恋愛に発展するケースだ。

部下の問題や、悩みを聞く機会の多い上司。そんな上司に相談に乗ってもらううちに、部下の男性・女性が上司を意識しおつき合いへ発展することも多いようだ。

なにより、研修中や配属後は相談相手が少ないもの。なんでも話せる存在は大きく、頼りになる上司をいつの間にか意識してしまうのだろう。

9位:他部署の人との社内恋愛。きっかけ作りは上司に取り持ってもらう?
上司

社内恋愛は、同じ部署の人との恋愛だけではない。他部署の人との恋愛ももちろん社内恋愛だ。そんな他部署との関わりをもつことになるきっかけは、上司との仕事の連携時に起こる。相手は他部署でも、職場の人と同じ仕事を進めることは多いだろう。

同じ仕事をする上では、それをまとめる上司がいる。その上司とのやりとりの中で、他部署との連携、連絡をとる機会が多くなり、意気投合し恋愛に発展することがあるようだ。

8位:女性上司との社内恋愛。きっかけ作りは一緒に残業
女性

社内恋愛、特に女性の上司とのれないともなると、きっかけにも特徴がある。女性上司と一緒に行う残業で、男性部下に対し投げかける「ちょっと休憩でもしたら?」の一言が男心をくすぐるようだ。一緒に残業というだけでも、共に同じ目的に向け行動をすることである程度意識はしている。

そのような中で、遅くまで働き頑張っている男性に、励ましの言葉をかける女性上司。残業の疲れなんて吹っ飛んでしまうほど、男心としては浮足立ってしまうほどうれしいようだ。そして、恋愛に発展する場合も多いようだ。

孤独な作業の中、励ましの言葉をかけてもらえれば、誰でもときめいてしまうだろう。女性上司だからといって、恋愛対象になっていない男性でもこのシチュエーションには、心変わりしてしまうのも納得できる。

7位:部下として考えてくれているうちに。社内恋愛のきっかけ
社内

部下にとっては、先輩は仕事上で頼れる大きな存在だ。自分に教えてくれるだけでなく、フォローまでしてくれる責任の多いポストだろう。そんな関係が社内恋愛のきっかけになる。

先輩が部下をフォローすることで、その人をより魅力的に感じてしまうものだ。部下として接してくれていることは分かるが、それでもしっかり自分を見てくれて評価してくれており、何かミスがあればしっかりフォローしてくれる姿にときめいてしまう男性・女性が多い。

これをきっかけに、先輩と部下との恋愛が始まるケースもあるのだ。

1
2
3