社内恋愛はきっかけが大事!上司や部下との社内恋愛のきっかけ10選!

 6位:部下の一生懸命に取り組む姿も
女性

もちろん部下の一生懸命に働く姿が先輩にはすごく魅力的に映る場合もある。真剣なまなざしで働く部下は、応援してあげたい、サポートしてあげたいと強く思うことで、恋愛に発展するケースもあるのだ。

部下から見れば先輩のサポートが、先輩から見れば部下の一生懸命に働く姿が、お互いに魅力的に映る。お互いが惹かれあうことで、社内恋愛に発展することが多いのだ。

5位:ギャップを知ることで恋愛に発展することも
ジャンプ

社内恋愛といっても、なにも社内の活動だけで恋愛に発展すると決まっているわけではない。社外でその人と接することで、会社での一面とは違う姿が見え恋愛に発展ということもある。

社内では、「いたってまじめで、責任感が強い」だけの人と思っていた相手が、社員旅行などのイベントで社外で話すことで「仕事以外では、とても話しやすくて、ユーモアがある」と感じることもある。その会社とのギャップに惹かれ社内恋愛のきっかけになるというものである。

ギャップは、相手の捉え方を大きく変える。もちろんプラスに働くことばかりではないが、良い方向で働けば、とても魅力的に映る。そんなギャップにやられて好きになってしまうこともあるのだろう。

4位:社内恋愛を見極める。脈あり行動とは
悩む男性

社内恋愛におけるきっかけについて触れてきたが、より具体的な行動にも触れていく。まずは、食事に誘ってくる行動だ。休憩時間になると合わせるようにして、ランチに行かないかと誘ってくる人はいないだろうか。

実は、この食事もきっかけの一つである。この行動は、れっきとした「ミラーリング効果」と呼ばれるテクニックで、相手と同じタイミングで同じことをするという恋愛テクニックだ。相手と同じタイミングで口に運んだり、同じメニューを頼んできたのなら、間違いなくその手法をもってあなたに地数項としているかもしれない。